おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    bentou_businesswoman_cry
    1: みなみ ★ 2019/06/29(土) 11:42:50.08 ID:QWg5aMJh9
    2019.6.29
    https://trilltrill.jp/articles/1201769

    【1】「何食べてるの?」と質問してプレッシャーを与える
    「『ここまで香ってきたから何かなーと思って』とやんわり非難します」(20代女性)というように、遠回しに「においがキツい」と牽制する方法です。それで伝わらないときは、「天井が低いからこもるのかなー」など、さらにたたみかけてみてはいかがでしょうか。

    【2】窓を全開にして空気を入れ替える仕草を見せる
    「嫌味にならないように、さりげなく窓を開けて換気します」(20代女性)というように、においを逃がすための行動に出る方法です。「ちょっと窓を開けてもいいですか?」など、周囲に「換気しますアピール」をしてから開けると、「もしかして私のせいかも…」と気づいてくれるかもしれません。

    【3】鼻をクンクンさせ、「何だろう、このにおい」とつぶやく
    「独り言っぽく言うのがポイント」(20代女性)というように、無意識を装って核心を突くパターンです。この一言でにおいの発信源の同僚はハッとするでしょう。また、直接注意するわけではないので、嫌な印象も与えずにすむのではないでしょうか。

    【4】急にうちわや扇子で顔の前をあおぐ

    以下ソースで読んで

    【【社会】「お弁当のにおいが迷惑!」と同僚に気づいてもらう方法 】の続きを読む

    kyusyoku_boy_mask
    1: みなみ ★ 2019/06/29(土) 10:44:41.06 ID:QWg5aMJh9
    2019年6月29日 6時10分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16695520/

    学校給食を残さず食べるよう強引に指導する過剰な「完食指導」が原因で、子どもたちが体調を崩したり不登校になったりするなど、さまざまなトラブルが起きています。そうしたトラブルは、学校や先生側の責任と思われがちですが、すべての先生が好き好んで過剰な完食指導をしているわけではありません。筆者は、給食の問題全般の相談を受けていますが、学校の先生からの相談もあります。今回は、過剰な完食指導が行われる、先生側の背景について触れます。

    「プレッシャーで、ついおかわりを強制」

     完食指導の中には「給食ハラスメント」とも呼ばれるほどの、先生側から児童・生徒への嫌がらせ、体罰のような事例があります。一方で、「完食指導をしたくないのに、どうすればよいのか分からず、結果的にせざるを得なくなった」という先生たちもいるのです。

     ある中学校の先生から、次のような相談が寄せられました。

    「うちの学校給食では『残飯減らそう週間』のような取り組みがあるので『いっぱい食べさせなきゃ』というプレッシャーを感じることがあります。

    その一方で『どうしたら生徒たちが給食を残さずにいっぱい食べてくれるのか』がよく分からず、ついおかわりを強制してしまいたくなります。

    また、そうした取り組みの中で、自分の担任のクラスの残飯が多いときに、別のクラスの先生から『指導力不足』を指摘されたこともあります。

    自分が子どもの頃は、学校給食が楽しみな時間だったのに、先生となった今では苦痛になっています」

     先生の機嫌の良しあしは、そのクラス全体の雰囲気へとつながります。先生がピリピリ、イライラすることで、クラスの雰囲気が重くなってしまえば、食欲が湧かない子が出てくるのも無理はなく、さらなる悪循環に陥ってしまう可能性があります。

    以下ソースで読んで

    【【教育】給食「完食指導」の被害者は生徒だけではない、先生にのしかかる“能力不足”の重圧 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    money_bottakuri
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/26(水) 17:58:20.177 ID:jYaiEeN30
    金払う前に警察だろ

    【なんでボッタクリバーに会ったら警察に連絡しないの?】の続きを読む

    food_beef
    1: シャチ ★ 2019/06/28(金) 10:17:46.41 ID:5TwUnhjy9
    「ミノキシジル」 との併用により発毛効果を実証

    アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山 熊裕 以下「アンファー」)は、牛肉などに多く含まれる「シスチン」が「ミノキシジル」との併用により発毛効果アップさせていることを実証いたしました。

    [画像: https://prtimes.jp/i/13377/236/resize/d13377-236-877111-0.png ]

    【研究の背景・目的】

    毛髪の85%はケラチンとよばれるタンパク質から構成されており、そのアミノ酸組成で最も含有率が高いのはシスチンです。毛髪の大部分はアミノ酸から構成されているにも関わらず、毛髪への関与についてほとんど知見はなく、単なる構成成分なのか、毛髪の成長に関わっているのか不明でしたが、そこで本研究では、シスチンが毛母細胞(この細胞が細胞分裂を繰り返すことで毛髪は成長する)の増殖に関与しているか、さらにミノキシジルの発毛効果に影響がみられるか実験いたしました。


    【研究結果・考察】

    毛母細胞を通常の培地とシスチンを含まない培地で培養した結果、シスチン不含有群において強い増殖抑制が確認されました。また、ミノキシジルによって産生される成長因子の一つであるFGF-7を用いて、シスチンがミノキシジルの発毛効果に影響しているかを実験した結果、ミノキシジルとシスチンを併用することで発毛効果が増強されることが示唆されました。さらに、シスチンが不十分であるとミノキシジルの発毛効果が発揮されづらい可能性も発見いたしました。本研究結果より、実験的にシスチンが毛髪の成長に関与しており、さらにミノキシジルの発毛効果にも寄与していることが示唆されました。

    ソース PR TIMES
    https://news.biglobe.ne.jp/economy/0628/prt_190628_6803801974.html

    【【研究】牛肉などに多く含まれる「シスチン」が「ミノキシジル」との併用により発毛効果アップ 】の続きを読む

    nakayoshi_cats_couple
    1: Toy Soldiers ★ 2019/06/28(金) 11:27:49.59 ID:1bVxp8UC9
     五反田駅から程近くに本社を置く「みんなのマーケット株式会社」。オフィス入口の呼び出しタッチパネルを触ると、「ニャ~ン♪」と猫のなき声! 初訪問の緊張もすっかり解けていきます。
    こちらは、ハウスクリーニングや引っ越し、家のリフォームを始めとする生活関連の出張・訪問サービスに特化したインターネット商店街「くらしのマーケット」を運営する会社。

     オフィスで暮らすシー( ♀ )とジャンゴ( ♂ )2匹のキジトラ兄妹の名前の由来は、ITに関連した「C言語」「Django」というプログラミング言語から。
    2013年12月、CTO(最高技術責任者)の秋田の実家近くで子猫が6匹保護されて、1匹は代表取締役の元へ、2匹が会社へやってきました。

     社員60人程がいる開放的な東京オフィス。猫はというと…… ある男性社員のデスクの上。見ると、猫のためにホットカーペットが置かれています。シーを独り占めしていたのは、元々は犬派だったMisoさん(32歳)。
    おやつをあげているうちに、徐々に心の距離が縮まって、どんどん猫好きになったそうです。今や、シーを抱っこできるのはMisoさんくらいだね、と言われるまでに。

     ジャンゴを抱っこしていたのは広報担当・小滝さん。「猫がいる会社」を調べて、入社を志望したそうです。子どもの頃から猫と暮らしており、大学進学のため上京して猫ロスに。一日の長い時間を過ごすオフィスに猫がいるのは魅力的と話します。
    猫が理由で入社したという人が4割弱もいるというから、2匹のリクルート力は凄いものです。今春もまた、猫が大好きな有能な人材が集まってくることでしょう。

    https://sippo.asahi.com/article/12472245

    画像
    https://i.imgur.com/Sxve04I.jpg

    【【ネコがいる会社】机の上で猫がゴロ~ンする会社 4割が猫にひかれて入社  】の続きを読む

    このページのトップヘ