おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    smartphone (1)
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/08(土) 14:15:34.517 ID:OQcOHXfUp
    携帯キャリアの2年縛り契約を途中解約する際の「違約金」(解約金)について、政府が上限を1000円とする方針を固めたと日本経済新聞が報じました。
    NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクともに現在は9500円ですが、秋までに1000円以下に引き下げるとのこと。10月の楽天携帯参入を見据え、携帯キャリアを乗り換えやすくする狙いがあります。
    3キャリアは2年縛りについて、違約金不要で乗り換えられる「解約月」を3か月に設定していますが、それを過ぎると9500円の違約金が発生。キャリア間の乗り換えを妨げる要因となっていました。
    なお、違約金が1000円以下となることで、キャリア間の流動が増し値下げ競争が活発化する期待があります。
    一方、携帯キャリア側には、より料金プランを複雑難解にすることで、消費者にキャリア間で横並びの料金比較をさせず、「よくわからないから、このままでいこう」という現状維持バイアスを強め顧客流出を防ぐインセンティブが働く懸念もありそうです。
    https://japanese.engadget.com/2019/06/07/1000/

    今までがおかしかったんだよな

    【携帯解約の違約金1000円へwwwwwwwwwww】の続きを読む

    asperger_man
    1: ガーディス ★ 2019/06/08(土) 13:04:29.78 ID:YEMU6PBM9
    発達障害の一つ、「自閉症スペクトラム障害」に似た症状が出るマウスに運動をさせると症状が改善した、とする研究成果を東京大学のグループがまとめ、新たな治療法の開発につなげたいとしています。

    自閉症スペクトラム障害は、脳の神経細胞どうしのつなぎ目の不全が一因でおきると考えられていて、主な症状として、社会的なコミュニケーションが苦手だったり、同じ行動を何度も繰り返したりすることが知られています。

    東京大学大学院の小山隆太准教授らのグループは、毛繕いを何度も繰り返すといった自閉症に似た症状が出るマウスを、1か月の間、運動器具で自由に運動させました。

    そして運動をさせていないマウスと比較したところ、毛繕いを繰り返す時間はおよそ半分となっていて、症状の改善が確認できたということです。

    脳を調べたところ、「シナプス」と呼ばれる神経細胞のつなぎ目のうち、活動が弱いつなぎ目を脳内の免疫細胞が取り除くメカニズムが正常化していたということです。

    グループは、運動によってメカニズムが働くようになり、症状の改善につながった可能性があるとしています。

    小山准教授は「運動が有効である可能性を示すことができた。将来的に新しい治療法の開発につなげたい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190608/k10011945491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

    【【発達障害】自閉症に似た症状、運動すると改善か マウスで実験 】の続きを読む

    smartphone_denshi_ticket
    1: 孤高の旅人 ★ 2019/06/09(日) 10:36:09.87 ID:xj7TMBZD9
    覚えておきたい6月14日から施行される「チケット不正転売禁止法」
    6/9(日) 6:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190609-00010000-dime-ent

    2019年、2020年、2021年の3年間を「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼ぶ動きが出てきている。2020年は東京オリンピック・パラリンピック、2021年は関西ワールドマスターズゲーム、そして今年2019年はラグビーワールドカップが開催されるからだ。

    この3年間、インバウンドや地方活性化が活性化するのは間違いなく、そのため、都市開発や法整備が着々と進められているが、そうした中でチケットの高額転売の取り締まりも強化されている。※説明画像ありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

    ゴールデン・スポーツイヤーズの開始年の2019年。6月施行の「不正転売禁止法」とは!?
    これまでも人気アーティストのライブなどにおいて、「ダフ屋」と呼ばれる不正転売者がチケットを元の販売価格の数倍で取引されるなど違法行為が横行し、自治体の条例で取り締まりを行っているものの、ネット上にまでは効力が及んでおらず、問題となっていた。

    そこで、大型スポーツイベント前に法整備が進められ、ついに2019年6月14日に施行される「チケット不正転売禁止法」。実際にどのような法律になっているのだろうか。

    問題解決の鍵となるはずの不正転売対策が、さらなる混乱を招くことも!
    一方で、興行主とファンの両者ともにメリットをもたらすはずの不正転売防止施策による、混乱や問題が起きる例も出てきている。

    日本でも導入相次ぐ!テクノロジー活用で、不正転売対策の混乱も回避!
    世の中のニーズと不正転売禁止法の後押しもあり、電子チケットシステム各社も様々なテクノロジー導入による課題解決を行っている。

    その一方で、顔認証の導入はオペレーションの複雑さなどの理由から、大規模な興行以外での導入が難しい現状も。今後、不正転売禁止法は興行規模に関係なく適用されることから、中小規模興行における適切な対応が求められている。

    最新テクノロジーで不正転売対策!興行規模と業界で見る事例紹介!
    また、紙チケットだけでなく、電子チケットにおいても増加する不正転売に対して、国だけではなく興行主もそれぞれのイベントに合わせた対策に乗り出している。

    ■スポーツ例……川崎フロンターレ:2019年度からシーズンチケットの電子チケットをトライアルで導入

    ・これまで競技場ゲートの狭さやチケット認証端末用スペースが確保できないことから、電子チケットの導入に踏み切れなかったが、端末の小型化により電子チケットの導入可能に。
    ・ハード面としては、後援会会員証をICT化し、そこにシーズンチケットの情報を入れ、タッチによる入場やスマホ上のQRコードでの入場などを検討している。
    ・ソフト面では、チケット裏面に営利目的での転売を禁止する旨を明記し、会員組織細則の見直しを図った。
    ・2019年度からは、シーズンチケット対象にトライアルを行っていた「競技場リセールサービス」の本格始動や価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売をACLグループステージで導入予定。
    ・今後は、ハーフタイムに選手から「転売ダメ」と伝える映像を流すことも視野に入れている。

    ■音楽例……宇多田ヒカルライブ:電子チケットを採用し、顔写真による本人確認を実施

    ・チケットを購入する際は、事前にチケットサイトにて顔写真の登録と会員登録を必須条件にし、さらに、チケット当選者には、そのチケットとQRコードが申し込みした人のスマホに送付された。
    ・購入枚数も、2枚までという上限をつけた上で、2枚購入の場合は、同伴者も会員登録・顔写真登録を行った。
    ・本人や事前登録の同伴者以外の入場や転売、譲渡は基本NGだが、やむを得ない理由で譲りたい場合は、公式の低下で仲介するシステムを導入。
    ・従来オペレーションの難しさが指摘されていた顔認証だが、顔認証AIエンジン「NeoFsce」を用いることで、利用客の入場にかかる時間を短縮することが可能になった。(全講演において、会場から開演の1時間で入場を完了させた)

    【【社会】覚えておきたい6月14日から施行される「チケット不正転売禁止法」 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    sports_sensyu_sensei_baseball (1)
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/08(土) 18:22:49.958 ID:H8ha69vQ0
    これは誰も擁護できない
    https://i.imgur.com/fmGtMCt.jpg

    【【悲報】漫画家さん、野球のルールを知らないのに野球漫画を描いてしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    iruka
    1: すらいむ ★ 2019/06/07(金) 16:49:04.88 ID:aChX1v9H9
    「イルカでサーフィンするな」 愛護団体が水族館のショー非難

    [サンディエゴ(米国) 5日 ロイター] - 動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は5日、米カリフォルニア州の海洋テーマパーク、シーワールド・サンディエゴに対し、「サーカス方式」のイルカショーの中止を要求した。

     PETAは記者会見で、イルカがショーへの出演や監禁で苦しんでいるとし、身体・行動上の危害を記録した報告書を発表した。

     PETA財団の獣医ヘザー・ラリー氏によると、トレーナーが水中でイルカの背中やくちばしに乗ると、イルカは聴覚、関節、筋肉などを損傷する恐れがあるという。

     ラリー氏は「シーワールドに対し、サーカスのようなばかげたショーをするために、少なくともイルカの顔に立ってサーフボードとして使うのはやめるよう求める」と説明。
     「これらの動物を、繁殖の機会が得られる海辺の保護区に戻してほしい」と訴えた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ロイター 2019年6月7日 12時35分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16582527/

    【【米国】「イルカでサーフィンするな」 愛護団体が水族館のショー非難  】の続きを読む

    このページのトップヘ