おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    hair_mijikai_maegami
    1: みなみ ★ 2019/06/08(土) 12:36:20.92 ID:ytoBo/tv9
    2019年6月8日 6時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16586360/

    [めんたいワイド- 福岡放送] 2019年5月27日放送の「めんタイムス」のコーナーでは、「博多弁はなぜかわいい?」というテーマを特集していました。

    さまざまな方言ランキングで上位に入るなど、よくかわいいと言われる博多弁。そういったイメージは、どこから来ているのでしょうか。

    「なんしようと?」

    福岡県出身の美声評論家・秋竹朋子さんによると、博多弁がかわいいと言われるのには理由があるそうです。

    例えば、博多弁で「なにしてるの?」は「なんしようと?」といいます。この二つの言い方を比べると、博多弁のほうは語尾が上がります。

    この語尾が上がることが、博多弁がかわいいと言われる理由の一つだそうです。

    ちなみに、女性には「心配しとったとよ~」という博多弁が人気だそうです。九州男児の言葉の強いイメージと変わって、語尾に「とよ~」が付くことで、かわいくなりギャップ萌えするようです。

    私はずっと福岡なので、あまり意識したことはなかったのですが、こんなにかわいいと言われるなら、これからも自信をもって博多弁を話していきたいと思います。

    【【各地の言葉】なぜ博多弁は「かわいい」のか 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    car_kousokudouro
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/07(金) 21:12:07.848 ID:2KBntjAA0
    ルール守れよ

    【なんで車の運転ってみんな制限速度以下で走らないの?】の続きを読む

    jiko_car
    1: サーバル ★ 2019/06/04(火) 14:33:25.08 ID:tlc1E2EK9
    倉田大誠アナウンサー:
    しかし、死亡事故の分布を示す赤色のグラフは、60代を超えると一気に多くなるんです。これは、高齢者が踏み間違いに気付くのが遅いことが要因として考えられます

    立本信吾フィールドキャスター:
    中には、事故が起きてしまった後に初めて「踏み間違えていたんだ」と自覚する人もいらっしゃるそうです

    熊谷宗徳氏(交通事故鑑定人):
    若い方は、ブレーキと間違えてアクセルを踏んでスピードが出てしまっても「あ、これ違う」とすぐに気づいて、それを修正できる反射神経がまだあります。しかし高齢の方はそれが鈍ってしまい、ブレーキを踏んでいるつもりなのにスピードが出てしまった時に、間違いに気付けず「え?」と思っている間にもどんどん車が進んでしまう。そしてパニックになり、事故につながるということです

    安藤優子:
    間違いに気付けないということは、「ブレーキを踏んでいるのに止まらないから、もっと踏まなきゃ」と思って、さらにスピードが出てしまう可能性も考えられますね

    熊谷宗徳氏(交通事故鑑定人):
    そうしてアクセルを踏み込んでさらにパニックになると、もう何かにぶつかるまで止まらないという事故になってしまうんです

    立本信吾フィールドキャスター:
    そもそも、なぜ高齢者の“踏み間違い”は多いのか?福山大学工学部・関根康史准教授にお話を伺いました
    https://sp.fnn.jp/posts/00046124HDK

    https://sp.fnn.jp/image/program/00046124HDK?n=15&s=nc&.jpg

    【【事故】やはり高齢者の事故は多かった ブレーキとアクセルの踏み間違い死亡事故、70歳以上が最多 】の続きを読む

    hosu_businessman_taikutsu
    1: みなみ ★ 2019/06/06(木) 20:43:35.90 ID:tAFFwTpb9
    連日の深夜残業や休日出勤などの超過勤務は、サラリーマンなら誰もが避けたいところ。できれば仕事量の少ない会社や部署で働きたいと願う人も多いのではないでしょうか?

     しかし、仕事がなさすぎるというのも問題のようです。某特殊法人で職員として働いていた小暮将宗さん(仮名・30歳)に話を聞きました。

    午前中だけで作業が終わってしまう

    「やることが何もないと時間が過ぎるのが遅く感じると言いますけど、あれって本当ですね。最初は超ラクな職場でよかったと喜んでいましたが、それも最初のうちだけで、気がつくと『今日はどうやって時間を潰そうか』と、毎日そればかり考えていました(苦笑)」

     たいして仕事がなかったと小暮さんは、当時のことをそう振り返ります。では、実際にどれだけヒマだったのでしょうか?

    「仕事は8時45分からで、まずメールチェックを行い、その返事を書きます。あとは管理している施設の備品の補充手配が私の担当でしたが、施設側から送られてきたデータを確認して、こちらで入力するだけ。ただ、備品の補充なんてたかが知れている量ですし、毎日データが送られてくるわけではありません。

     ほかにもその特殊法人の活動と関係のある新聞記事がないかを調べ、ファイルにスクラップするなどの細々とした作業もありましたが、それを含めてもお昼前には1日の作業がすべて終わっていました」

    以下ソースで読んで
    6/6(木) 15:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00166597-bizspa-bus_all

    【【職業】特殊法人で働く30歳の“贅沢すぎる”嘆き「仕事がなさすぎるのもツライ」 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    pose_genki09_businessman
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/06(木) 21:14:11.247 ID:pmE8zvAYa0606
    参考にするは

    【社長なんだが今の職場で何があったら最高にテンションあがる? 】の続きを読む

    このページのトップヘ