1: ばーど ★ 2019/03/27(水) 07:54:45.92 ID:ygQD7lBT9
nobel_medal
 平成に入って、自然科学系ノーベル賞を受賞したのは18人(アメリカ国籍取得者含む)。その中でも世界を驚かせたのが、2002年(平成14年)にノーベル化学賞を受賞した田中耕一だ。いち民間企業のエンジニア、修士号すら持たない研究者に化学賞が贈られたのは、世界で初めてのことだった。バブル崩壊の後遺症に苦しみ、「失われた20年」と言われた時代。中年サラリーマンの快挙に、日本中が沸いた。

 ところが、時代の寵児となった田中は、こつ然とテレビの画面から姿を消す。その後、16年間、メディアを遠ざけ続けてきた。再び表舞台に登場したのは去年。発症30年前にアルツハイマー病の診断につながる技術を開発し、科学誌ネイチャーに掲載されたのだ。この間の田中の知られざる苦闘。これこそが番組の命題である「平成のスクープ」となった。

■ノーベル賞は苦痛でしかたなかった

 実は田中は、この16年間、サインを求められても、一度として応じることがなかった。人前では握手すら断っていた。ノーベルメダルは、自宅の押し入れにしまったまま。田中は科学界、最高の栄誉が与えられたことが苦痛でしかたなかったという。

「ノーベル賞に値することをやっていたとは、私自身思っていなかった。周りの人もそう思っていた。受賞する人たちの功績を見ると、最初に発見をしたこと、かつそれを育てていったこと、ペアでやっている方が多い。私はあくまで発見しただけで、何か大きなことを成し遂げた気持ちになれなかった」

 田中が自分の業績に自信が持てなかったのは、“世界的な発見”に至る過程にあった。大学では電気工学の専門だった田中だが、島津製作所に入社後、化学の研究を命じられる。課題はレーザーを用いてタンパク質を分析する方法の開発だった。

 人体の15%を占め、生命活動に重要な役割をするタンパク質。さまざまな病気の解明の鍵を握ると思われていた。だが、いくつものアミノ酸が連なり、複雑な構造を持つタンパク質を壊さずに分析することには、世界で誰も成功していなかった。

「自分は何かを成し遂げたのか」と自問

 田中はレーザーを当ててもタンパク質が壊れない、「緩衝材」の作成に取りかかった。入社2年目の冬、田中は、試薬にグリセリンを誤って混ぜてしまう。以前の実験で、グリセリン単体では緩衝材として効果がないことを確認していたが、それでも敢えて実験してみることにした。すると、タンパク質の反応が現れたのだ。このとき、田中は25歳だった。

 それからおよそ20年。突如、ノーベル賞授賞の知らせが届いた。田中の人生は一夜にして変わった。一歩外へ出れば人々に囲まれ、「先生」と呼ばれるようになった。受賞当時、田中はまだ43歳。「次はどんな大発見をするのか」と、周囲の期待は膨れあがっていった。一方、学術界の一部からは「偶然、発見をしただけだ」「研究を発展させた科学者のほうが受賞にふさわしい」といった批判的な声が聞こえてきた。「自分は本当に何かを成し遂げたのか」。「自分は受賞に値する科学者なのか」。田中は自問自答を続けた。

※本文省略
■血液一滴で病気を診断する方法を開発する
■実験結果が医学界の常識を覆すことになった
■「偶然は、強い意志がもたらす必然」

■インタビューでは終始謙遜していたが……

 受賞から16年、ノーベル賞の呪縛から解き放たれた田中。「もがいて進んできた」経験を伝えたいと、私たちの取材に応じることも決断してくれた。

「例えば化学の実験で、これは間違っているからやめておこうということも、私たちは深い専門知識がないためにやってしまう。天才だったらこんなことしないだろう。でも、こういうふうに解釈したら、別の分野の考え方で捉えたらうまくいくことがいくつかできたために、発展ができた」

「失敗を恐れて取り組まないと、結果として何もできないということになる。もっと色んな可能性というものにチャレンジというか、失敗してもいいから、私も失敗ばかりしていますから、チャレンジしてほしい」

 インタビューでは終始、謙遜していた田中だが、一つ一つの言葉は自らの手で掴んだ確信から絞り出されたもののように思われた。

3月26日 文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/11145
https://bunshun.jp/mwimgs/3/c/-/img_3c5d6f6e7e3778a3a29bdda2fda7cae0171017.jpg
https://amd.c.yimg.jp/im_sigglix9f8r1HOSNjzAty4vTMg---x286-y400-q90-exp3h-pril/amd/20190326-00011145-bunshun-000-4-view.jpg

32: 薔薇乙女 ◆rdIXwBG0zA 2019/03/27(水) 08:12:24.52 ID:gU6weHiQ0
>>1
謙遜というより誉められ下手ね。
もはや恐怖症の域。
ご両親が厳しかったのでしょうね。

61: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:29:36.91 ID:zSExFHJf0
>>32
両親は早世して親類に育てられているからな

5: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 07:57:40.47 ID:B62OlwWN0
島津の人って記憶あるけど
何を発見した人か忘れた

6: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 07:58:47.84 ID:CDNNo6M+0
その後辞めたら辞めたです何か言われるし
大変な立場ではある

8: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:00:02.65 ID:6oONVzc00
当人からすれば自分は宝くじに当たっただけで、自分の能力が特別高いわけではないと思ってるんだな

9: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:00:55.57 ID:vHV4TtFl0
これとオワンクラゲは実用化されてるからipsよりすごい

33: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:12:40.46 ID:6D1M1Xkz0
>>9
論文発表当時俺は生物を光らせて何が嬉しいんだ?
素人受けを狙った詰まらん論文だなと思ったよ。
それがノーベル賞を受賞し、大学卒業20数年後改めて大学院に入り直した時、
この素材が遺伝子の活性を生体で目視できる重要なツールに成って居るのに
ビックリした思い出が有る。

49: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:23:03.18 ID:1el5y+190
>>33
今じゃ当たり前の技術だが
あの論文があったからこそなんだよな

75: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:34:49.32 ID:AH1nDXG60
>>9
iPSもいろいろ実用されているぞ
再生医療だけが実用化の対象じゃない

10: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:00:58.23 ID:BrsyntVZ0
老けたもんな
気苦労が多いんだろう

11: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:01:53.78 ID:qQvIisJp0
村上春樹「わかるなぁ」

12: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:02:39.38 ID:2ABmKo7B0
>>11
おいw

115: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:54:36.55 ID:Bnt6+uCw0
>>11
財団 「お前には絶対にやらん」

13: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:02:46.94 ID:bVSeXib50
まぁノーベル賞受賞までは、という批判は多かったし必要なかったとは思うな

14: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:03:01.59 ID:SMiGfx090
このインタビューの大事な所はここね


「例えば化学の実験で、これは間違っているからやめておこうということも、私たちは深い専門知識がないためにやってしまう。
天才だったらこんなことしないだろう。
でも、こういうふうに解釈したら、別の分野の考え方で捉えたらうまくいくことがいくつかできたために、発展ができた」

「失敗を恐れて取り組まないと、結果として何もできないということになる。
もっと色んな可能性というものにチャレンジというか、失敗してもいいから、私も失敗ばかりしていますから、チャレンジしてほしい」


論点ズレた書き込みすると恥ずかしいぞ

15: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:04:47.09 ID:RYxmyG3F0
まあ、その偶然見つけた反応を偶然で終わらせなかったのは
それなりに評価できるさ

グッドイヤーの合成ゴムの話とか、うっかりから見つけるなんてのは化学の世界じゃよくある事

16: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:06:02.24 ID:XQ24h/uO0
失敗もちゃんと記録することが大事だな
有難いお言葉だ

17: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:06:06.88 ID:2rpfkpk/0
いかにも日本人って感じだな
すべからく謙虚だ

65: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:30:41.11 ID:pftxyLVe0
>>17
確かに。ほかのアジア人、欧米人なら
「みろ、俺はすごいんだ!」っていばり散らして
講演会しまくり、勘違いしてさらなる研究で予算とりまくったり
別の事業を起こしたりして人生詰みそうだがな

103: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:48:30.10 ID:qN5yZQFr0
>>65
アメリカとかなら研究に予算を取ってこれる力が評価の一つなので詰むことはないと思うな
田中さんの性格には反するけど

19: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:07:50.85 ID:y9CvllHz0
受賞後しばらくしたら髪が真っ白になっててびっくりした。
なんか小保方とは対照的だな。

282: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 10:09:44.94 ID:NF7MhEyS0
>>19
確か元から白髪染めしてたけど、忙しくなって染める暇が無かったみたいな話だったと思う。

20: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:07:54.83 ID:XBpkMdU10
本気でマスコミ嫌いな人だよな

22: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:08:25.80 ID:FL/wDTv20
ペニシリンの発見だって似たようなもんだしな。神に選ばれたんだよ。

24: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:09:40.82 ID:ivFCNHqW0
ケクレは蛇の夢からベンゼン環を思い付いたと言っている。

iPS細胞はヤマナカ因子の候補を助手が全部注入してくれたから、自説に間違いが無いと確信できた。

遺伝子解析もどこから始めるかで時間が変わるので、大発見を他人に取られる可能性がある。

25: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:09:54.89 ID:N7cbufKI0
送りつけ商法と同じなんだから気にする必要はなかったのに

26: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:10:40.40 ID:kAg7SRDY0
人が人を評価して賞を授与とか本当にくだらない

お婆さんの手を引いて道路を渡ってあげたり
電車で体の不自由な人に席を譲ったり
家のお手伝いをしたり

そういう事の方が800兆倍くらい尊い

28: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:11:56.32 ID:HekbBYjz0
批判は、先越されて悔しいんだろうな
偶然でも何でも先に見つけたもの勝ち

29: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:11:57.50 ID:AmE7cvCm0
真面目な人だ

31: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:12:24.20 ID:VGxSpL2Q0
博士じゃなかったから大変だったと聞いたことがある

あんなのたまたまと言ってる大学の先生も居るし

34: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:12:51.18 ID:1Z+bY0OJ0
43歳という年齢にびっくり

37: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:16:43.18 ID:y9rQU3No0
よく分からないな
それで自分の選択肢が増えるんだから、その名誉で何もせずに飯を食っても良いわけで
あるいは自分のしたい研究なり仕事なりを探せば良い
それとも人から与えられた仕事でしかやる気が出ない人なのか?
意識し過ぎというか意味不明な人だな

38: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:16:59.47 ID:0+zyhqfw0
一人学者とかじゃない人がいたのは覚えてる、大変だったろ

40: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:17:40.19 ID:NVgirOer0
先日テレビでやっていたが
受賞した苦悩をバネに新たにアルツハイマー研究で画期的な成果を出したとあった
充分に評価されてもいいと思う

42: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:18:51.48 ID:f507wHMj0
有名な賞を取ったからとか威張り散らすような
学者やどっかの大学教授より田中さんを百倍も千倍も
尊敬している

46: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:22:19.69 ID:jMLbNNcO0
あんま目立ちたくなくて黙々と研究をしたいタイプのひとなんやろ

50: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:23:36.33 ID:G4EQssaq0
もう16年経つのか
一気に老けたように見えたわ

51: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:24:19.28 ID:1Wy2ouBE0
受賞したとき普通のサラリーマンが引っ張り出されて来ちゃった感じだったもんなあ

52: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:24:19.66 ID:UIoZfzvY0
田中さんみたいな人ですら辛いんなら
底辺のオレらどうしたらいいんだよ
発見どころか消費するだけの毎日
製造してるのはうんこだけ
生きてるのが恥ずかしくなってきたわ

55: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:26:27.90 ID:ivFCNHqW0
2020年代はノーベル賞の権威が日本によって破壊される。
論文数や特許数など無意味になり、ポスト京で走らせられるアルゴリズムにしか価値が無くなる。

63: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:30:15.23 ID:gyIdI+mi0
静かに暮らしていきたい人だったんだな

64: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:30:16.77 ID:GbD55UEa0
金の亡者みたいなのが最近受賞してるからな

67: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:32:19.28 ID:Q94ZJTKe0
この人こそ道徳の教科書にのせたい

68: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:32:43.02 ID:nZBv71qy0
どんなかたちであれ鍵を発見した人が一番すごいと思うけど。
だってその鍵がなければ何も始まらないんだから。

69: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:33:13.22 ID:EEt2CUBB0
自分に対する団塊世代からの ねたみ そねみ という日本人の本性を発見したら、
ノーベル賞受賞に値する。

72: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:33:40.27 ID:DQmKthbC0
それでも敢えて実験してみることにした。
すると、タンパク質の反応が現れたのだ。このとき、田中は25歳だった。

なんかエッチだな

77: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:39:46.05 ID:PCv89M8d0
会社もこの人も大変だっただろうね

81: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:40:52.13 ID:eqz91tht0
なんかマラソンの円谷思い出す

82: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:40:57.35 ID:zSExFHJf0
田中耕一氏は東北大の学生時代民青に所属していたらしく若気の至りとしても
彼にとっては暗黒史でそこをつつかれるのを嫌ったのではないかというのをどこかで読んだ
ノーベルには益川敏英みたいな科学者のくせに護憲だ夫婦別姓だアベガーのパヨク全開のもいるが

86: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:43:37.25 ID:Q94ZJTKe0
後進の支援に注力したのがすばらしい

89: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:44:16.48 ID:5JUQgb2r0
こないだ久しぶりにテレビ出てて、髪の毛真っ白だったな。
あのあと相当苦労したんだろうな。

96: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:45:23.65 ID:1WE8qeos0
学会にのさばってる連中の嫉妬と足の引っ張り合いが凄いって話だな。

98: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:46:01.95 ID:27pEw5fd0
総白髪とか風貌変わってしまって苦悩の程が知れるな

101: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:47:42.52 ID:GgQDyiX00
ものすごく地に足のついた人だな
めり込んでるレベルで

36: 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 08:16:26.34 ID:DGwxF2wn0
日本人は科学者の幻想に縛られすぎてる
地道な研究の末に大発見があるとは限らない

引用元: ・【化学者】「ノーベル賞がつらかった」田中耕一が初めて明かした16年間の“苦闘”