おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    カテゴリ: ニュース

    obentou_conbini
    1: 風吹けば名無し

    【【悲報】東京五輪で廃棄された弁当、13万食 金額にすると約1億1,600万円】の続きを読む

    quiz_man_maru
    1: 風吹けば名無し
    資料入手 東京五輪閉会式で「天 皇も参加する〇×クイズ」演出案

     東京五輪の開会式で、女性タレントの容姿を侮辱する演出案を提案し、演出責任者を3月に辞任した佐々木宏氏(66)。8月8日に実施される閉会式を巡っても、演出責任者を務めていた当時、天 皇陛下に○×クイズへの参加を求める演出案を作成していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。佐々木氏が作成した閉会式用のプレゼンテーション資料を入手した。

     資料の表題は、〈TOKYO2020 OLYMPIC GAMES CLOSING CEREMONY PLAN〉。昨年10月27日付で、全97ページ。東京都の小池百合子知事へのプレゼンテーション用にまとめられたものだ。

     資料の31ページ目には、次のような記述がある。

    〈選手はもちろん、観客も、テレビの前の視聴者も、VIPも天皇陛下も参加する。〇×クイズを実施〉

    〈QUIZのテーマ オリンピックの歴史的な事柄、オリンピア精神に関する問題。東京大会に関する問題など。〉

     参考として貼り付けられているのは、往年の日本テレビの人気番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』の画像。番組での〈×と思えば内野へ移動、〇と思えばそのまま〉という場面も紹介されている。

     ○×クイズは東京五輪に関する質問で、全部で5問。例えば、以下のようなクイズが出される予定だった。

    〈Q1 オリンピックは、「参加することに意義がある。」という精神で4年に一度、世界中から多くの参加国が、開催国のメイン競技場に一堂に集まり開会式と閉会式が行なわれる。

     さて、新国立競技場は、47都道府県の木で作られている。〉

    〈Q3 東京2020のメダルは携帯電話などの都市鉱山からできているが、全てのメダルを作るのに使われた携帯電話を敷き詰めるとこのスタジアムより広い〉

     新国立競技場のフィールドに「○」と「×」のエリアが設けられ、オリンピック選手たちは正解と思うエリアに移動。観客やVIP、そして天 皇陛下は、表が「○」、裏が「×」の紙を掲げて回答する。視聴者もスマートフォンでクイズに参加できる仕組みだ。

     解答は全て「○」。5問目の解答が発表された時、5つの「○」が重なり、五輪のシンボルマークを形作っていく――という演出内容だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9634c0ce610ffb6cefe21dc8298f124f008dcc6b?page=2

    【【朗報】五輪閉会式、⚪︎×クイズが行われる予定だった】の続きを読む

    medal_medal (1)
    1: 風吹けば名無し
    > これを受けて河村氏は「(メダルをかむ行為は)最大の愛情表現だった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20647411/

    【【悲報】金メダルに噛み付いた河村市長「まことにごめんなさい」】の続きを読む

    drink_cola_petbottle (1)
    1: 風吹けば名無し
    【東京五輪】海外メディアに大不評! コカ・コーラ1本280円に「リアルぼったくり」の声

    開幕直前にゴタゴタが続く東京五輪。開会式前日にも解任騒動が持ち上がるなど難題続きだが、東京・江東区のメインプレスセンター(MPC)では海外メディアが驚愕する〝ある現象〟が起きている。食べ物、飲み物の異常な値段設定だ。

    MPC内のレストランで提供される1600円のハンバーガーセットはフランス人ジャーナリストが写真付きでツイッターに上げ、そのクオリティーの低さが話題となっているが、飲み物も負けていない。MPC内の自動販売機およびレストランでは500ミリリットルのコカ・コーラがなんと280円! この強気の値段設定には「最高位のスポンサーなのに…」「これがリアルなぼったくり」との声が飛び交う。

    コカ・コーラと言えば、茨城県鹿嶋市のカシマサッカースタジアムで観戦する児童の保護者に対し、一部の学校が同社製ペットボトルを持ち込むよう呼び掛けて大問題となったばかり。その後、持ち込む飲料はメーカーを問わず、ペットボトルのラベルを剥がす必要もないことが発表されているが、五輪にはびこる〝スポンサーファースト〟を強く印象付ける騒動となった。

    ちなみに500ミリリットルのコカ・コーラはディズニーランドでも200円。自販機の前を通るたびに、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の異名〝ぼったくり男爵〟が頭に浮かんでしまう。

    https://i.imgur.com/lFaCLc8.jpg

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2bd066f0acfb7a230437b6a2e073d1faf10c2b5e

    【【悲報】海外メディア「コーラ1本280円はぼったくり」】の続きを読む

    website_news
    1: 風吹けば名無し
    「みな同じ条件でスイートルームはない」不満続出の“選手村問題”にイシンバエワが言及!「欧州基準を求めるのはおかしい」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c0f22723d885cb4d2d7182b7fc45095b75c3be9

     そして今回、この問題に対して苦言を呈したのは、アテネ、北京五輪の女子棒高跳びで2大会連続の金メダルに輝いたエレーナ・イシンバエワさん。ロシアの国営通信社『タス通信』によると、開幕直前に波紋を広げるこの状況について「ここは日本、欧州基準を求めるのはおかしい」と指摘したという。

    【【朗報】ロシア美人選手「ここは日本。欧州の文明基準を求めるのはおかしい」】の続きを読む

    olympic_seika_runner
    1: 風吹けば名無し
    【悲報】トヨタ、東京五輪のスポンサーを見送り 開幕4日前
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1626665989/

    【【悲報】トヨタ、東京五輪のスポンサーを見送り】の続きを読む

    chirashi_mansion
    1: 風吹けば名無し
    2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムを巡るデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムを使用していた福岡市中央区の賃貸タワーマンションが解体されることが分かった。偽装製品は大部分の使用物件で交換済みだが、解体に踏み切る異例の対応となる。ただ、管理会社などから決定に至る経緯の詳しい説明はなく、住民から困惑の声も上がる。

    【【悲報】福岡市のタワマン、免震ゴム偽装のせいで解体へ】の続きを読む

    text_oshirase_chuushi
    1: 風吹けば名無し
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef1078455de90665a34a5e5375f69b4021b9284c
    >東京最速1149人感染で「五輪途中打ち切り」「パラ中止」危機

    なお損失補填は都民持ちなもよう

    【【悲報】政府「感染拡大が酷いので東京五輪を途中で中止するかも」】の続きを読む

    tuuchihyou
    1: ソマリ(東京都) [CN]
    大阪市立南中(中央区)の校舎内で同僚の女性教諭(29)を蹴ったり、殴ったりして約2週間のけがを
    負わせたとして、南署は9日、傷害の疑いで教諭野沢優希容疑者(25)=同市港区=を逮捕した。

     逮捕容疑は8日午後6時50分ごろ、校舎4階の廊下で女性教諭の腹部や背中を蹴ったり顔を
    複数回殴ったりするなどの暴行を加え、打撲傷を負わせた疑い。騒ぎを知った校長が通報した。

     署や同校によると、野沢容疑者が8日正午の通知表の作成期限を守らず、チェック担当だった女性教諭が
    提出を促したところ激高した。容疑を認めている。野沢容疑者は4月に働き始めたばかりだったという。
    https://nordot.app/786047117397377024?c=39546741839462401

    【【悲報】新入り教諭(25)通知表作成期限守らず注意され激昂 先輩女性同僚(29)を蹴る殴るで逮捕】の続きを読む

    teacher_man_student
    1: ヨーロッパオオヤマネコ(埼玉県) [US]
    「N先生に連れられ戻ってきた時、涙とヨダレでビショビショに…」横浜市教諭が小4女児に行った、陰湿イジメの全貌
    横浜市教諭小4女児イジメ #1

     横浜市のM小学校4年生の担任だった40代の男性N教諭が、特定の児童に対して「配布物を渡さない」「行事で役割を与えない」「給食を少なく盛る」など執拗ないじめを繰り返し、不登校に追い込んでいた。

     いじめを受けたその山本美咲さん(仮名=当時9歳)がこれらのことを両親に打ち明けはじめたのは、4年生になって約10カ月過ぎた今年2月のこと。両親はすぐに学校に話したが、学校の対応は二転三転。

     他の児童へのいじめの疑惑も浮上しているが、N教諭に「異動」などの処分は下されていない。美咲さんの両親に話を聞いた。(前後編の前編/後編を読む)


    朝起こそうとすると抵抗し、登校を渋るように

     昨年4月、横浜市のM小学校4年生に進級した山本美咲さん(仮名=当時9歳)は、1年生から3年生までほぼ無欠席で、通知表では「はつらつ」と書かれ、学級活動などでの積極性や発言力を評価する所見が書かれていた。しかしコロナ禍による休校の後、5月に分散登校をはじめてしばらくすると様子が変わりはじめた。美咲さんの父親が振り返る。

    「それまでの明るさが次第に消え、わざと音を立ててドアを開け閉めするなど、家の中では反抗的になりました」

     6月に入ると、担任であるN教諭について「厳しい」「怖い」「宿題を出さないとやばい」と言い出した。

    【横浜市の小4女児、教師から執拗なイジメを受けて適応障害に】の続きを読む