おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    カテゴリ: ニュース

    saiban_small_no_gavel
    1: 風吹けば名無し
    全国に張られた高速道路網は、走った分だけ支払う料金制度が当たり前のように続いてきた。本来は半世紀前に日本初の高速道路が通って以降、一貫して「将来的な無料開放」が原則となっている。
    一度も無料化のめどは立たず、昨年夏には料金徴収制度の延長も検討されている。永久有料状態とも言える状態に異議を唱える動きが出始め、県内の運送業者は無料化を求めて司法に訴えた。

    現行の料金体系は1回の入場料を「ターミナルチャージ」として150円を徴収し、さらに原則1キロ当たり24・6円がかかる「距離制」を採っている。

    1963年に日本初の高速道路、名神高速道路が開通。莫大(ばくだい)な借金で建設したため、料金収入で返済した後に無料化する「償還主義」を取った。

    公共財として、高速道路は整備と管理を国、自治体が担い、今も「無料開放」が原則だ。高速道路網の拡張に伴い、72年には無料化の条件を全路線の費用返済に拡大した「プール制」が採用された。採算路線の収益を不採算路線に充てる形となり、無料化のハードルがさらに高まった。

    2009年に政権を取った民主党(当時)は、無料化を公約に掲げたものの、本格的には実現しなかった。

    道路関係4公団が民営化された05年時は「50年までに無料化」と掲げたが、12年の笹子トンネル事故を機に老朽化費用確保を理由として「65年まで」に延長。さらに21年8月、国土交通省の審議会は、料金徴収期間の延長検討を答申した。

    そんな中、無料化を求めて水戸市内の運送業者3社が同年8月、東京地裁に提訴した。県内の同業者37社でつくる「高速道路無料化推進協議会」の会員たちだ。

    運送業者側は、現行制度が憲法の保障する「居住、移転、職業選択の自由」に反し、違憲だと主張。高速道路を管理する首都、東日本、中日本の各高速道路会社に「通行料を徴収してはならない」と請求し、建設費を完済した路線の無料化を唱える。

    運送業者側は「憲法では国民の居住、移住の自由が定められ、通行の自由も保障されている。半永久的有料道路状態は明らかな憲法違反だ」と指摘する。

    高速道路会社側は憲法違反を否定し、棄却を求めている。

    (以下ソース)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ff8ace398217fbe2fd6d214ea18385a8a2fd3772

    【【悲報】運送業者「あれ?高速料金が有料っておかしくね?訴えるわ」 無料化求め提訴】の続きを読む

    tatemono_tosyokan
    1: 風吹けば名無し
    宮城県多賀城市と塩釜市、利府町の図書館に、漫画「封神演義」の主人公「太公望」を名乗る匿名の人物から現金10万円の寄付が相次いだ。
    いずれも大きな赤い靴下に入って届けられた「クリスマスプレゼント」。各図書館は感謝するとともに、送り主の意向を踏まえて図書購入費に充てることにしている。

    利府町では、職員が11日朝に返却用ポストの中身を回収した際に赤い靴下を発見。塩釜市職員も同日朝にポストから見つけた。多賀城市では10日午後8時ごろ、男の子が赤い靴下の入った紙袋を館内で発見した。

    赤い靴下は幅約30センチ、長さ約50センチの大きさで、中には現金入りの茶封筒があった。添えられた手紙に「クリスマスプレゼントです。図書の購入にお役立てください」「漫画版『封神演義』を置いてください。歴史の勉強にもなります」と印字され、「太公望」と手書きの署名が記されていた。

    利府町の今野宏図書館長は「温かい気持ちを頂き、大変ありがたい。お礼を直接言えないのが残念です。報道を通して感謝が伝わってほしい」と語った。

    「封神演義」は、漫画家藤崎竜さん(青森県出身)が中国の同名の古典小説を基にした作品で、週刊少年ジャンプ(集英社)で1996~2000年に連載された。塩釜市民図書館の荒井信浩係長は「作品は有名ではあるが今話題というわけではなく、少しびっくりしている」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/96ccd4f9ed3e31d97918c52cff65137fe4092e81

    【【朗報】太公望「漫画版『封神演義』を置いてください。歴史の勉強にもなります」10万円を図書館に渡す】の続きを読む

    yuubin_takuhaiin_run_woman_hard
    1: 風吹けば名無し
    ヤマト運輸(HD)は、’20年4月からの1年間で宅急便の取扱個数が初めて20億個を超え、過去最高の567億円の利益を稼いだという。
     だが、今年の冬のボーナスは、大幅に減るようだ。

    この道10年以上のヤマト運輸宅配ドライバー・牛込貴志さん(仮名・44歳)に、業況の移ろいを聞いた。

    ボーナスは約3か月分も、昨年から約9万円減
     約3か月分の冬のボーナスが昨年の72万円から63万円と約9万円減となったことについては、納得いかない様子だ。

    根深いブラック体質も「同業他社よりマシです」

     ’17年に多額の残業代未払いが発覚し、230億円もの支払いに応じた。それに伴う一連の改革で、労働環境は向上したはず……。

    「それでも昼休憩を取得できていないドライバーは多いし、サービス残業はまだある。根深いブラック体質は、完全に払拭できていない。でも、公休日数、労働時間、年収、企業ブランドなどを総合的に見れば、同業他社よりマシです」

    https://nikkan-spa.jp/1797922

    【【悲報】ヤマト運輸ドライバー、通販需要増も冬のボーナス減額】の続きを読む

    job_space_yoatsufuku_man
    1: 風吹けば名無し
    生きて帰ってこれるのか

    【【悲報】ZOZO前澤社長、いよいよ今日宇宙へwuwuwuwuwuwuwuwuwuwuwu】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し
    サンマの記録的不漁、さらに深刻化の恐れ 関係者悲鳴「打つ手ない」

    近年続いているサンマの記録的な不漁が、今年はさらに深刻になる恐れが出てきた。
    本州一の水揚げ量を誇る岩手県では10月末時点で、
    2年連続で過去最低を記録した昨年の同じ時期と比べ4割程度にとどまっており、
    漁業関係者からは「打つ手がない」と悲鳴が上がっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5b2549809cf00e189b2e41ed8434b3b1c7734aa


    もう終わりだよこの海

    【【悲報】漁師「サンマが獲れへん!何でや!?」】の続きを読む

    kodomo_shiryoku_kensa_bad
    1: 風吹けば名無し
    視力1.0未満の小中高生が過去最多、学校保健統計調査

    裸眼視力が1.0未満の割合

    小学生 34.57%
    中学生 57.47%
    高校生 67.64%


    https://resemom.jp/article/2019/12/23/53964.html

    【【速報】日本人、視力が過去最低に】の続きを読む

    norbel_prize
    1: 風吹けば名無し
    ノーベル賞「ManabeはUSAやで!」
    https://i.imgur.com/Vz44kh8.jpg

    日本「日本人やぞ!(テロップでUSA隠したろ)」
    https://i.imgur.com/vRqSKG4.jpg

    【【悲報】ノーベル賞「ManabeはUSAやで!」日本「日本人やぞ!(テロップでUSA隠したろ)」】の続きを読む

    obentou_conbini
    1: 風吹けば名無し

    【【悲報】東京五輪で廃棄された弁当、13万食 金額にすると約1億1,600万円】の続きを読む

    quiz_man_maru
    1: 風吹けば名無し
    資料入手 東京五輪閉会式で「天 皇も参加する〇×クイズ」演出案

     東京五輪の開会式で、女性タレントの容姿を侮辱する演出案を提案し、演出責任者を3月に辞任した佐々木宏氏(66)。8月8日に実施される閉会式を巡っても、演出責任者を務めていた当時、天 皇陛下に○×クイズへの参加を求める演出案を作成していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。佐々木氏が作成した閉会式用のプレゼンテーション資料を入手した。

     資料の表題は、〈TOKYO2020 OLYMPIC GAMES CLOSING CEREMONY PLAN〉。昨年10月27日付で、全97ページ。東京都の小池百合子知事へのプレゼンテーション用にまとめられたものだ。

     資料の31ページ目には、次のような記述がある。

    〈選手はもちろん、観客も、テレビの前の視聴者も、VIPも天皇陛下も参加する。〇×クイズを実施〉

    〈QUIZのテーマ オリンピックの歴史的な事柄、オリンピア精神に関する問題。東京大会に関する問題など。〉

     参考として貼り付けられているのは、往年の日本テレビの人気番組『アメリカ横断ウルトラクイズ』の画像。番組での〈×と思えば内野へ移動、〇と思えばそのまま〉という場面も紹介されている。

     ○×クイズは東京五輪に関する質問で、全部で5問。例えば、以下のようなクイズが出される予定だった。

    〈Q1 オリンピックは、「参加することに意義がある。」という精神で4年に一度、世界中から多くの参加国が、開催国のメイン競技場に一堂に集まり開会式と閉会式が行なわれる。

     さて、新国立競技場は、47都道府県の木で作られている。〉

    〈Q3 東京2020のメダルは携帯電話などの都市鉱山からできているが、全てのメダルを作るのに使われた携帯電話を敷き詰めるとこのスタジアムより広い〉

     新国立競技場のフィールドに「○」と「×」のエリアが設けられ、オリンピック選手たちは正解と思うエリアに移動。観客やVIP、そして天 皇陛下は、表が「○」、裏が「×」の紙を掲げて回答する。視聴者もスマートフォンでクイズに参加できる仕組みだ。

     解答は全て「○」。5問目の解答が発表された時、5つの「○」が重なり、五輪のシンボルマークを形作っていく――という演出内容だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9634c0ce610ffb6cefe21dc8298f124f008dcc6b?page=2

    【【朗報】五輪閉会式、⚪︎×クイズが行われる予定だった】の続きを読む

    medal_medal (1)
    1: 風吹けば名無し
    > これを受けて河村氏は「(メダルをかむ行為は)最大の愛情表現だった。迷惑を掛けているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20647411/

    【【悲報】金メダルに噛み付いた河村市長「まことにごめんなさい」】の続きを読む