おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    カテゴリ: 国内

    train_linear_motor_car_l0
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/08(月) 22:33:01.36 ID:2PiB+U4Y9
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/5/e5b12_1635_fbb48a4a1bc81869da695a29e12817f6.jpg

    山梨県の実験線を走るリニア中央新幹線の「L0系」(撮影:尾形文繁)

    「JR東海(東海旅客鉄道)に媚びを売る必要はない」「(工事の遅れを)静岡県のせいにするのは失礼千万だ」──。
    6月11日に行われた静岡県の定例会見で、川勝平太知事はJR東海への激しい批判を繰り返した。

    リニア中央新幹線のトンネル工事建設をめぐって、静岡県とJR東海の対立が深まっている。
    JR東海は品川─名古屋間の2027年開業を目指し、東京、神奈川、山梨、長野、岐阜、愛知というルート上の各都県で建設を進めている。しかし、静岡県だけが本格着工できていない。

    2027年開業に暗雲
    東京と名古屋を約40分で結ぶリニアのルートは山岳部が中心で、中央・南アルプスにトンネルを掘って走行する。
    静岡は北端を11キロメートル通過するだけだが、地中奥深くまで掘り進むため、工事の難易度は高い。

    南アルプストンネルの両端に当たる山梨は2015年、長野は2016年に工事が始まり、いずれも工期は10年。
    静岡工区も2017年にJR東海とゼネコンの間で契約が結ばれ、すぐに工事に着手し2026年11月に完了する予定だった。

    しかし、「トンネル工事で大井川の水資源が大量に失われ、流域自治体や利水者の理解が得られない」と静岡県が待ったをかけた。
    JR東海は工事で発生する湧き水の全量を大井川に戻すことなどを約束したが、県は「環境影響などの懸念が払拭されていない」ことを理由に依然として工事着工に合意していない。

    県が工事の認可権限を有するわけではないが、国はJR東海のリニア建設に際して、自治体と連携して適切な環境保全措置を講じるよう求めており、
    静岡県の合意なしにはトンネル工事が始められない。このままでは「リニアの開業時期に影響を及ぼしかねない」と、JR東海の金子慎社長は表情を曇らせる。

    一方の川勝知事は、「JR東海のタイムスパンに県が影響されることはない」と、どこ吹く風だ。「昔から“急がば回れ”ということわざがある。どうしても2027年に開業したいなら、静岡をルートから外せばいい」とまで言い切った。

    こうした事態を、ほかのリニア沿線自治体は複雑な心境で見守っている。愛知県の大村秀章知事は、「リニアはいわば国策事業。
    JR東海と静岡県だけの協議ではなく、国が前面に出て調整し、事業を前に進めていく責任がある」と国の介入を強く要望。
    名古屋駅前では2027年開業に向けて大規模な再開発が始まっており、開業の遅れは名古屋経済にも支障を与えかねない。

    もっとも、大井川の水資源問題は、あくまで表面的な争点にすぎない。
    6月11日の会見で川勝知事は、「リニア工事は静岡県にまったくメリットがない」として、「工事を受け入れるための“代償”が必要」と言い出したからだ。

    新幹線に「空港駅」を
    リニアはJR東海が沿線自治体からの強い要望をのみ、同社が建設費を全額負担して東京・愛知以外の4県にも駅を建設する。
    一方、静岡県内の走行ルートは全区間が人里離れた山奥なので、当初から駅設置のニーズがまったくなかった。

    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/6/26435_1635_c32e7f29546c6d7dd4d0fd35918497bb.jpg

    https://news.livedoor.com/article/detail/16738574/
    東洋経済オンライン

    【【鉄道】リニアでJR東海と対立、静岡県の「本当の狙い」 】の続きを読む

    kouyou_temple
    1: 樽悶 ★ 2019/07/08(月) 13:30:30.05 ID:KmxzsP/v9
    風情が失われる懸念
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20190708-00570049-shincho-000-4-view.jpg

    ※省略

    「紅葉の季節になると、どの寺院も外国人客が押し寄せて、“穴場”というものが無くなってしまいました」

     京都駅からJR奈良線で、1駅で行ける東福寺はどうか。『観光公害』から一部を紹介すると、

    〈18年11月の、とある平日。(中略)東福寺の境内は立錐(りっすい)の余地もない、と言ってよいほどの混雑ぶりであった。(中略)ざっと見たところ、あくまでも私見であるが、観楓(かんぷう)客のほぼ半数が中国を中心にしたアジア系。欧米人の姿もかなり多い。もちろん、日本人にとっても、訪れたい紅葉の名所として名高いはずだが、全体の3割くらいしかいない感じである。東福寺は境内に入るだけなら拝観料は不要だが、紅葉シーズンは、紅葉見物のハイライトと言える「通天橋(つうてんきょう)」を行き来するルートが有料となる。にもかかわらず、橋の上はまさに身動きが取れないほどの混雑で、しかもほぼ全員が一眼レフカメラやスマホで一方向に身を乗り出すようにして、紅葉の風景とそれをバックにした自分やグループの写真を撮ろうとする。自撮り棒を使っているのは、ほぼ中国系の観光客と見てよいだろう〉

     紅葉だけでなく、4月の桜の季節は、さらにすごいことになるという。

    「海外でも、日本の花見はブームになっています。祇園は、京都観光の中で一番の人気エリアですが、桜の季節はすごいですよ。町家が連なり、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された祇園白川は、桜がひときわ美しいので、16年には30万人もの観光客が殺到。身動きが取れないほど混雑し、車と接触する危険が高まったほか、写真を撮るために桜の枝や花を折ったりするマナー違反が相次いだため、17年のライトアップを中止しました。今年は警備を強化してライトアップは再開されましたが、マナー違反は続いています。白川沿いの通りには竹垣があり、それにもたれたり座るのは禁止されているのですが、平気で座って写真を撮っている中国系の観光客をよく見かけます」

     市バスも大変なことになっている。

    「JR京都駅烏丸口のD1乗り場は、清水寺、祇園、平安神宮を経由して銀閣寺に向かうのですが、観光客が大行列をつくり、バスを2本見送らなくては乗れません。バスは7、8分おきに来ますから2本で15分ほど待つことになります。観光客は、15分くらいどうってことのない時間ですが、市民への影響は大きい。私は京都の大学で観光学を教えているのですが、学生から、『バスが2台続けて満員で、バス停を通過してしまって遅刻しました』と言われれば、怒りづらいですね」

    ■地元民が敬遠しだした「祇園祭」

    「7月から1カ月続く祇園祭は、17日の“山鉾巡行”は観光客が集中し、その前日に各町内で行われる“宵山”は、巡行当日は近づけなかった山鉾を間近で見られ、多数の露店が出て、厄除けとして玄関に飾る粽(ちまき)を買うのが市民の楽しみになっていました。“巡行は観光客、宵山は市民”という具合に棲み分けができていたのですが、近年の観光客の増加で宵山にも観光客が押し寄せた。山鉾を飾る場所は、狭い路地が多いので、歩くこともままならないほど混雑します。それで市民から、『行く気が失せた』、という声をよく聞きます」

     京都っ子の台所「錦市場」は食べ歩き天国に……。

    「市民の台所と呼ばれた錦市場は、四条通の1本北にある錦小路通のうち、寺町通と高倉通に挟まれた400メートルほどの商店街で、魚屋が多く、刺身をサクで売っていました。それが12年以降の外国人観光客の増加で、食べ歩きができるように、刺身やイカ、エビ、はんぺんなどを串に刺して、店の一番目立つところに置いて売るようになったのです。市民が買いたい商品は店の奥に引っ込み、地元の人の足が遠のいてしまいました」

     舞妓・芸妓がパパラッチに狙われることも。

    「祇園界隈では、舞妓や芸妓が歩いていると、外国人観光客がカメラを向けるというケースが多くなっています。中には着物に触れたり、付け回したりするケースも。芸妓の見習いである舞妓は20歳前後と若いので、外国人に囲まれて怖い思いをした人もいたと思いますが、根本的な解決策がないというのが現状です」

     住宅事情も大きく変わりつつあるという。

    「京都のホテル建設ラッシュで、地価もここ4、5年で2、3割高騰しています。ホテル建設のため、マンションの建設が難しくなったため、滋賀県でマンションが次々に建っていますよ。草津から京都まで電車で30分かかりませんからね。郵便受けには、滋賀県のマンションのチラシが入るようになりました」(続きはソース)

    7/8(月) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00570049-shincho-soci

    【【京都】日本人の“京都離れ”が進行中、インバウンドがもたらす「観光公害」という病…地元民が敬遠しだした「祇園祭」 】の続きを読む

    kaisya_komaru_woman
    1: ばーど ★ 2019/07/03(水) 09:37:32.59 ID:9qLkFOFg9
    18歳未満の子どもがいる母親が仕事をしている割合は、2018年は72.2%で、前の年より1.4ポイント増え、2年連続で7割を超えたことが、厚生労働省の調査でわかった。

    また、調査した世帯のうち、27.6%の世帯が、65歳以上の高齢者だけの世帯で、調査開始以来、過去最多となった。

    2019年7月2日 火曜 午後5:49
    https://www.fnn.jp/posts/00420159CX/201907021749_CX_CX

    【【厚労省調査】働く母親、2年連続 7割超 】の続きを読む

    game_social_sns_happy
    1: スタス ★ 2019/07/03(水) 12:32:08.40 ID:OzbFVqJO9
    https://tokushima.ismcdn.jp/mwimgs/b/0/600mw/img_b0204dc6774d555dc836c3a8d2a46ca799291.jpg
    クールジャパン機構、ゲームアプリ開発ワンダープラネットへ最大10億円出資
    クールジャパン機構 代表取締役社長 CEOの北川直樹氏(左)とワンダープラネット 代表取締役社長 CEOの常川友樹氏
    拡大する
    クールジャパン機構 代表取締役社長 CEOの北川直樹氏(左)とワンダープラネット 代表取締役社長 CEOの常川友樹氏

     クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)は7月2日、スマホ向けアプリゲームを開発、運営し、海外事業に強みを持つ名古屋のベンチャー企業ワンダープラネットに対し、最大10億円の出資を決定した。

    【写真】クールジャパン投資第1弾、ミニチュア調理器具、食器で料理撮影

     ワンダープラネットは、2015年に自社開発タイトル『クラッシュフィーバー』を配信開始し、日本および台湾、香港でヒット。全世界1000万ダウンロードを達成。国際色豊かなスタッフによる海外版の専任チームを設け、現地文化やファンのニーズに応じたローカライズを行うなど、現地目線でのゲーム開発・運営に強みを持つ。この実績をもとに、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の創刊50周年を記念した『ジャンプチ ヒーローズ』を新規開発し、日本版に続いて中国語版も配信開始。また、スクウェア・エニックスとの協業で『VALKYRIE ANATOMIA-THE ORIGIN-』の中国語版および英語版を配信するなど、国内コンテンツホルダーやゲーム会社と協業した海外事業展開を加速させてきている。

     クールジャパン機構は、日本コンテンツの魅力を世界に伝えるプラットフォームとして、世界的に市場規模が拡大しているスマホ向けアプリゲームに着目。本出資により、ワンダープラネットによる自社および他社タイトルの海外版開発、ローカライズ、配信のほか、イベント、SNSを通じた現地マーケティング強化を支援していく。また、日本発人気キャラクターとのゲーム上でのコラボレーションなど、国内業界他社との連携を促進。これにより、日本発スマホ向けアプリゲームの海外展開の成功事例創出を目指すとともに、日本コンテンツの新たな海外需要開拓を支援していく。

     クールジャパン機構 代表取締役社長 CEOの北川直樹氏は、同社への出資について「海外事業展開での知見があり、すでにある程度の成功を収めている。これから地域の広がりをより高めていこうとしているところ。我々が入ることで、現地メディアとのコミュニケーションなどの強みを活かして協力していきたい。世界へ日本のゲームを広げていきます」と期待を寄せる。

     ワンダープラネット 代表取締役社長 CEOの常川友樹氏は、今回調達した資金を、同社の運営およびマーケティング体制の強化に充てるとするほか、コンテンツに関しては「ゲームタイトルは、すべて地域性が異なる。プロダクトによって配信エリアを強化していきたい」とコメント。現在の売り上げに占める海外事業の割合は、月によって30~50%。今後、グローバル市場をターゲットとして需要開拓に務めていくとする。

     なお、本出資と同時にクールジャパン機構から佐野一士氏がワンダープラネットの社外取締役に就任。経営に参画することでより密接にタッグを組み、クールジャパン機構の海外ネットワークを活用しながらシナジー効果を高めていく。

    https://www.topics.or.jp/articles/gallery/224248?ph=1

    【【日本のソシャゲを世界へ】クールジャパン機構、スマホゲーム開発会社に10億円出資へ 機構CEO「世界へ日本のゲームを広めていきます」 】の続きを読む

    school_shiken_kaijou_boy_girl
    1: Hikaru ★ 2019/07/02(火) 11:16:15.80 ID:PV0FV2w49
    TOEIC 大学入学共通テスト撤退へ 運営複雑理由に 受験生に影響
    毎日新聞 2019年7月2日 10時56分(最終更新 7月2日 10時57分)
    https://mainichi.jp/articles/20190702/k00/00m/040/062000c

     大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストの英語の民間資格検定試験を巡り、
    文部科学省が認定した8試験の一つのTOEICが撤退する。

    TOEICを実施する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が2日、明らかにした。
    共通テストの対象となる現在の高校2年生を中心に高校では新テストに向けた対策を始めているだけに受験生への影響は必至だ。

     共通テストで活用される民間試験は、TOEICのほか、
    ケンブリッジ英語検定
    ▽実用英語技能検定(英検)
    ▽GTEC
    ▽IELTS
    ▽TEAP
    ▽TEAP CBT
    ▽TOEFLiBT――の7試験。

    文科省と大学入試センターの有識者会議が18年3月、試験の内容が学習指導要領に沿っているかなどを審査し、認定した。

     文科省は全都道府県で複数回の実施など実施体制に関し、さまざまな条件を求めていた。
    TOEICを実施するIIBCは撤退理由について「受験申し込みから実施運営、結果提供に至る処理が当初の想定よりも複雑になることが判明した。
    責任を持って対応を進めることが困難であると判断した」としている。

     IIBCによると、TOEICは「日常生活やグローバルビジネスにおける生きた英語の力を測定する世界共通のテスト」で、国内では年間120万人前後が受験する。
    受験者規模では英検(約340万人)に次いで2番目。

     民間試験は「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を測るために導入する。
    今の高校2年生が3年生になる20年4~12月に2回受験することができ、その成績が受験する大学に提供される。
    ただ、各試験の内容が異なるため、全国に82校ある国立大のうち北海道大、東北大、京都工芸繊維大は、
    公平性に問題があるなどとして活用しないことを決めている。

    【【入試】TOEIC 大学入学共通テスト撤退へ 運営複雑理由に 受験生に影響 】の続きを読む

    zaitaku_telework_man
    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/07/01(月) 20:10:53.73 ID:HbAc+Dls9
    トヨタ、五輪開催中は在宅勤務

    東京地域の職員、混雑緩和へ

     トヨタ自動車は1日、東京地域に勤務する約1600人全員が2020年東京五輪期間中の
    17日間は原則在宅勤務とすることを明らかにした。大会中の交通混雑緩和が
    目的で、他の企業にも同様の取り組みが広がる可能性がある。

     トヨタは、政府が1日に東京都内で開催した職場から離れて自宅などで
    仕事をする「テレワーク」の推進イベントで明らかにした。

     政府は今年7月22日~9月6日を「テレワーク・デイズ」とし、全国の企業に
    対し期間中に5日以上の実施を呼び掛けた。東京大会の本番テストとして
    位置付けている。


    一般社団法人共同通信社(2019/7/1 19:40)
    https://this.kiji.is/518370720361792609?c=39546741839462401

    【【さすが日本一の企業】トヨタ、五輪開催中は東京地域に勤務する約1600人全員を在宅勤務に 】の続きを読む

    kyusyoku_boy_mask
    1: みなみ ★ 2019/06/29(土) 10:44:41.06 ID:QWg5aMJh9
    2019年6月29日 6時10分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16695520/

    学校給食を残さず食べるよう強引に指導する過剰な「完食指導」が原因で、子どもたちが体調を崩したり不登校になったりするなど、さまざまなトラブルが起きています。そうしたトラブルは、学校や先生側の責任と思われがちですが、すべての先生が好き好んで過剰な完食指導をしているわけではありません。筆者は、給食の問題全般の相談を受けていますが、学校の先生からの相談もあります。今回は、過剰な完食指導が行われる、先生側の背景について触れます。

    「プレッシャーで、ついおかわりを強制」

     完食指導の中には「給食ハラスメント」とも呼ばれるほどの、先生側から児童・生徒への嫌がらせ、体罰のような事例があります。一方で、「完食指導をしたくないのに、どうすればよいのか分からず、結果的にせざるを得なくなった」という先生たちもいるのです。

     ある中学校の先生から、次のような相談が寄せられました。

    「うちの学校給食では『残飯減らそう週間』のような取り組みがあるので『いっぱい食べさせなきゃ』というプレッシャーを感じることがあります。

    その一方で『どうしたら生徒たちが給食を残さずにいっぱい食べてくれるのか』がよく分からず、ついおかわりを強制してしまいたくなります。

    また、そうした取り組みの中で、自分の担任のクラスの残飯が多いときに、別のクラスの先生から『指導力不足』を指摘されたこともあります。

    自分が子どもの頃は、学校給食が楽しみな時間だったのに、先生となった今では苦痛になっています」

     先生の機嫌の良しあしは、そのクラス全体の雰囲気へとつながります。先生がピリピリ、イライラすることで、クラスの雰囲気が重くなってしまえば、食欲が湧かない子が出てくるのも無理はなく、さらなる悪循環に陥ってしまう可能性があります。

    以下ソースで読んで

    【【教育】給食「完食指導」の被害者は生徒だけではない、先生にのしかかる“能力不足”の重圧 】の続きを読む

    car_compact
    1: すらいむ ★ 2019/06/21(金) 16:12:10.39 ID:pCyML6UM9
    【無茶振りで燃費過当競争勃発!??】迫る新基準で軽自動車が危機に

     2019年6月3日、経済産業省と国土交通省が共同で設置した乗用車の燃費基準に関する審議会において、2030年度の新燃費基準を示した。

     なんと乗用車の平均燃費はWLTCモードで、2016年度に比べ約3割向上となる平均25.4Km/Lという。

     これは1.8Lハイブリッド車のカローラスポーツハイブリッドG・ZのWLTC燃費、25.6Km/Lに非常に近い数値だ。
     ということは現時点では少なくともハイブリッドじゃないと、クリアできないことになる。

     はたして、この新燃費基準は達成できるのか? 
     ちなみに燃費基準はメーカーは個別の車種ではなく、出荷した台数の平均で達成する必要がある。
     もし達成できない場合は、100万円以下の罰金が科せられることもある。

     新燃費基準が提示されたことで、終わりのない各社間の燃費競争がいっそう激しさを増すのか? 
     モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ベストカーWeb 6/21(金) 9:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00010001-bestcar-bus_all

    【【車】無茶振りで燃費過当競争勃発!?? 迫る新基準で軽自動車が危機に  】の続きを読む

    job_mizusyoubai_kyabakura
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/17(月) 23:16:37.515 ID:Vit9v1S10
    ここ3年くらいの客の減り方が「異常」だそうで、「景気自体は変わってないのに、
    客が減るってことはこの業界が飽きられてるってことだと思う」と述べる。
    また、客層も高齢化しているようで、20代、30代はほとんど来ず、50代以上がメインに。


    キャバクラに不慣れな結果、「お金を払ったにも関わらず、変に気を遣って、
    損した気分のまま終わってしまう」ことになる若者が多いのではという意見も。
    ・経験浅いと客がキャバ嬢に気を使うんだよね

    【【悲報】 キャバ嬢「助けて!キャバクラを楽しめない草食アホ男のせいで、業界が低迷してる・・・」  】の続きを読む

    denshi_kanetsu_tabako
    1: 靄々 ★ 2019/06/15(土) 08:36:28.39 ID:srHt/rAt9
    JT、加熱式たばこ強化 京都で販売強化、喫煙環境も整備

     日本たばこ産業(JT)が、臭いが少ない低温加熱式たばこの販売展開を京都で強化している。大幅にたばこの臭いをカットする新商品を17日から京都のコンビニやたばこ店でも発売。一方、非喫煙者への配慮に取り組み、京都の集客施設で喫煙環境の整備などの活動を展開して、加熱式たばこで先行するフィリップモリスジャパンの「アイコス」などに対抗し、シェア拡大を図る。

     同社が17日に京都など全国へ発売エリアを拡大する低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」は、「プルーム・テック」よりもたばこの葉の量を増やし、吸い応えを高めた。臭いは従来の紙巻きたばこと比較すると1%未満で、健康懸念物質も99%以上カットでき、従来のたばこに近い感覚を周囲に配慮しながら楽しめる。商品の特性から飲食店でもプルーム・テックシリーズのみ使用可能な店舗が増えていて、同社は加熱式たばこを広める商品としてPRに力を入れている。

     受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が来年4月までに段階的に施行されることから、同社では分煙コンサルティングにも取り組んでいる。また、府立植物園(京都市左京区)や京都コンサートホール(同)、ファミリーマート堀川今出川店(上京区)、パセオダイゴロー(伏見区)など、府内の公共施設や商業施設で喫煙環境の整備も進めて非喫煙者との共生社会の実現に取り組んでいる。

    低温加熱式たばこの新商品「プルーム・テック・プラス」とメビウスの4銘柄 
    https://www.kyoto-np.co.jp/picture/2019/06/20190614211730jt1000h.jpg

    https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190614000216
    2019年06月15日 08時00分  京都新聞

    【【JT】加熱式たばこ強化 京都で販売強化、喫煙環境も整備 】の続きを読む