おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

    ひさびさに更新再開しました!デザインやレイアウトはこれからいろいろいじっていきます

    カテゴリ: スポーツ

    money_ic_card_cashless
    1: 安倍ちゃん ★ 2019/04/03(水) 08:14:09.59 ID:upZ5ssGv9
    開幕を迎えたプロ野球で初となる、スタジアム丸ごとキャッシュレスの試みがスタートした。
    ホームでの開幕戦に臨んだプロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルス。雪が舞う、あいにくの天候にもかかわらず、ホーム開幕戦として過去最多の2万7,000人が詰め掛けた。
    実はこのスタジアム、2日からある新しい制度を導入した。
    観客席でおなじみのビール販売だが、現金のやりとりはない。客席のビール販売だけでなく、場内のチケットやお弁当、球団グッズの販売も全てキャッシュレス。
    楽天は今シーズン、本拠地で行われる公式戦から、「完全キャッシュレス化」をスタートした。
    球場内の店舗では原則、現金は利用できなくなり、支払いは、楽天ペイ、楽天エディなどでの決済になった。
    店員
    「(支払いが)楽天ペイやエディで、自分の中でバタバタしていた。頭の中で。管理が、要は現金のお渡しの間違いとかもないので、楽です」
    観客
    「リュックサックとかいろいろ持っていると、財布出すのが大変なので、逆にいい」「便利」との意見が出る一方で、「困った」という人も。「今困ってて。娘の方から一緒に買ってもらって」
    観客(60代):「(使い方が)わからなくて、取りあえず『お金あるから買ってちょうだい』って言って。どういうふうにしたらいいかわからないから、娘を頼るしかないかな、きょう1日は」
    観客(60代):「スマホの使い方がいまいち。今出すときに出せなくて、お店の方にやってもらった」
    観客(50代):「時代の波に乗るのは難しいですよ」
    楽天ぺイでの購入には、ドリンクの割引やポイントバックのキャンペーンを展開し、キャッシュレスを使い慣れていない人には、サポート専用の窓口を球場に5カ所設置した。
    さらに、利便性を考え、エディ専用のチャージ機をこれまでの4倍となる100台に増設するなど、サービスを強化している。
    また、球場だけでなく、サッカーJ1、ヴィッセル神戸の本拠地開幕戦でも「完全キャッシュレス化」を導入。
    なぜ楽天は、決済サービスの普及に力を入れるのか。
    楽天野球団 経営企画室・江副翠室長
    「楽天グループは、楽天ペイ・楽天エディ、楽天カードといった、たくさんのキャッシュレスの手段を持っていて、日本のキャッシュレス社会をけん引していく役割があると思っている」、
    「球場で完全キャッシュレス化をすることによって、街中にそれが広がり、日本のキャッシュレス社会を後押しすることになるのではないか」
    LINEやソフトバンク、ヤフーなどが大型還元キャンペーンを展開するなど、群雄割拠の時代を迎えたキャッシュレス市場。
    楽天は、この取り組みで、より幅広い層の顧客を取り込みたい考え。

    (ソース)FNN
    楽天「完全キャッシュレス球場」の狙い 現金一切使えず
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190403-00415539-fnn-bus_all
    4/3(水) 5:31配信

    【【キャッシュレス球場】 楽天「完全キャッシュレス球場」の狙い 現金一切使えず 】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/02/12(火) 17:04:46.02 ID:rYaWVKGK9
    2/12(火) 17:02配信
     世界には白血病を乗り越えて復活したトップ・アスリートが数多く存在している。

     2008年8月21日。北京五輪で採用された新種目「オープンウォーター(10キロのスイミング)」を制したのは当時27歳のマーテン・ファン・デル・ワイデン(オランダ)だった。

     2メートル2の大型スイマーとしてジュニア時代から注目されていたワイデンは、19歳のときに白血病と診断されていったん競技を中断。しかし化学療法と骨髄移植を受けてその2年後にカムバックを果たし、五輪だけでなく世界選手権のオープンウォーター(25キロ)でも表彰台の真ん中に立った。

     日本の八村塁(ゴンザガ大3年)が活躍している全米大学バスケットボール界でも前向きに頑張っている選手がいる。

     テキサス大のガード、アンドリュー・ジョーンズ(20=米国)は1年生のときにすでにNBA各球団から注目を集めていた。

     しかし2017年1月に白血病と診断されて人生の岐路に立った。練習後に襲ってくる疲労感に耐えられなくなったことが病気発見のきっかけ。それでもヒューストンにあるがん専門の大学病院で2年ががりの医療プログラムを受けながら、通信教育に切り替えて大学の授業をこなし、今季開幕前のチームのキャンプに戻ってきた。しかもダンク・シュートができるまでに復活。治療の兼ね合いで今季の出場は2試合にとどまっているが、「回復するまでには時間がかかるけれど、自分は楽観的だ」と前向きな姿勢を見せている。

     北米アイスホッケー・リーグ(NHL)で今月6日に成立したトレードでデビルスからプレデターズに移籍したフォワード(センター)のブライアン・ボイル(34=米国)もまたスポーツ界の「がんサバイバー」の1人。2017年シーズンの開幕前、ジョーンズ同様に疲労感が抜けないために精密検査を受けたところ「慢性骨髄性白血病」と診断された。

     以来1年1カ月におよぶ治療を受け、「完全寛解(すべての病変がなくなり、新たながんが出ていない)」という状態までたどりついた。ボイルの場合、治療を受けながら競技生活を続行。パックを追うその姿に「患者」という雰囲気は漂ってこない。

     今季NFLの49ersに在籍したオフェンス・タックルのション・コールマン(27=米国)はオーバーン大に入学したときに白血病と診断され、治療のために2シーズンを全休。しかし3年生のシーズンから出場するようになると、1メートル96、141キロの巨体を生かして最前線で奮闘した。治療のための時間は必要だが、白血病であっても自分がかつていた“立ち位置”に戻ってくるのは可能。それは多くの選手たちが証明している。

    記事の画像1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000134-spnannex-spo

    【【池江選手がんばれ】白血病を乗り越えて復活した世界のトップ・アスリートが数多く存在している!】の続きを読む

    このページのトップヘ