おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

カテゴリ: お笑い

1:2018/12/31(月) 17:44:02.37 ID:
今や大みそか恒例番組となっている、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の年越しスペシャル、『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。 ダウンタウンら『ガキ使』メンバーが、仕掛けられたトラップで笑ってしまうと罰ゲームを受けるという企画で、毎年いろいろな趣向が凝らされていることが話題になる。 2018年末は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』と題し、新人トレジャーハンターにふんした『ガキ使』メンバー5人が、訓練や研修に挑む。 毎年この番組を楽しみにしている人たちも多いことだろう。 そこで今回は、10~50代の男女200人に、これまで放送された年末のシリーズの中で「一番面白かった『笑ってはいけない』」についてアンケート。 ここでは、みんなが選んだ上位5つをご紹介! まず、第4位(7.5%)は、『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』と『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』の2つが同率でランクイン。 2013年に放送された『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』は、地球防衛軍の新人隊員にふんしたメンバーたちが研修に参加。 スペシャルゲストとして、当時、プロ野球広島東洋カープの選手で、現在メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャーズで活躍中の前田健太が登場し、注目を集めた。 2009年に放送された『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』は、メンバーが新人ホテルマンとしてホテルに入社、数々のミッションに臨むという内容。 同作では、タレントのジミー大西がクレーム処理係のホテルウーマンにふんしたり、歌手の森昌子の登場が話題になった。 結婚披露宴のシーンで、ココリコの遠藤章造の、実弟が登場した。 第3位(12.3%)には、2017年放送の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』がランクイン。 メンバーは、新米アメリカンポリスにふんする。 同シリーズではメンバーのココリコ田中直樹が理不尽にタイキックを受けることがお約束となっているが、 今作ではタレントのベッキーが2016年に発覚した不倫騒動の“みそぎ”としてタイキックの餌食になり、そのインパクトの強さに視聴者は騒然となった。 第2位(14.9%)は、2007年に放送された『絶対に笑ってはいけない病院24時』。 病院を舞台に、ナースにふんしたメンバーたちが奮闘した。メンバーの月亭方正がプロレスラーの蝶野正洋から理不尽なビンタを浴びる“蝶野ビンタ”が初めて登場、その後シリーズの定番となっている。 そして第1位(34.7%)に選ばれたのは、2006年に放送された『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』。 大みそか特番となったシリーズ最初の回で、メンバーが新人警察官にふんし、研修に参加。 引き出しを開けるとネタが仕込まれている“机トラップシリーズ”は、ここからスタートした。 基本的に笑ってはいけないルールだが、「交通機動隊訓練」の場面では笑ってもOKで、悲鳴を上げたらアウトという特別ルールのもと、 過激なドライブ走行に悲鳴を上げたダウンタウン浜田雅功らが罰ゲームを受けていた。 毎回、思わぬ大物芸能人がゲスト出演することでも話題の『笑ってはいけない』シリーズ。 2017年『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』では、俳優の西郷輝彦や、山崎賢人、ムロツヨシなどの登場が話題になった。 2018年にはどんなゲストや仕掛けが飛び出すのか、今から楽しみだ。 http://dailynewsonline.jp/article/1631549/ 2018.12.30 08:30 日刊大衆 田中直樹 タイキック 前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546131935/

132:2018/12/31(月) 21:22:11.33 ID:
>>1 コロッケ取って~
2:2018/12/31(月) 17:44:28.44 ID:
湯河原一択
41:2018/12/31(月) 18:00:58.05 ID:
>>2 だよな
続きを読む

1:2018/12/30(日) 09:10:29.58 ID:
クロちゃんの企画で遊園地周辺が地獄絵図に!12月26日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)にて、お笑い芸人のクロちゃんを東京都内の遊園地「としまえん」に設置された檻に収容し、一般公開するという企画が実施された。 だが、翌朝まで入場無料とアナウンスされたこともあり、としまえんにはクロちゃん目当ての一般客が殺到。大渋滞や騒音被害で110番通報が相次ぎ、警察署の指導で同企画は開始数時間で中止となった。 「そもそもこの企画にゴーサインを出した番組制作陣の判断があり得ません。11月3日には立教大学の学園祭にて橋本環奈のトークショーに1000人超が殺到し、警察も出動する騒ぎになったのは記憶に新しいところ。 そんな前例から何ら学ぶことなく、知名度の高いクロちゃんを入場無料の遊園地で一般公開したら、視聴者が殺到することなど目に見えています。 れを予測できないとは、番組の制作陣がいかに社会常識をわきまえてないのかの証拠でしょう」(芸能記者) 番組側では公式ツイッターに〈ご迷惑をおかけした近隣住民の皆様、関係者の皆様、イベントを楽しみにされていた皆様に深くお詫び申し上げます〉とのメッセージを掲載。 公式サイトにも同様のお詫び文を掲載することで、番組として謝罪の意を表明した。ところが同番組を率いる名物プロデューサーが、反省の色を示していないというのだ。 「この『水曜日のダウンタウン』ではテレビ業界で鬼才と呼ばれるTBSテレビの藤井健太郎氏が演出を務めており、番組を特徴づける“悪意の込もった”演出には藤井氏のアイデアが色濃く反映されています。 今回の件でも放送前には《今夜の「水曜日のダウンタウンSP」は一部生放送でお届けします》と藤井氏自身のアカウントでツイートしており、その後も番組公式アカウントの『あなたの1票でクロちゃんの運命が決まります!』というツイートをRT。 みずからこの企画を盛り上げていたのですが、いざ騒動に発展するとすっかり頬かむりしてしまい、お詫びの言葉ひとつツイートしていません。 それどころから騒動の翌日には知らん顔で、自分が関わる番組の告知をツイートしていたのですから、無神経と言わざるを得ませんね。 本来なら演出の藤井氏が真っ先に謝罪の言葉を述べるべきで、それがイヤならツイッターをやめたほうがいいんじゃないでしょうか」(前出・芸能記者) 藤井氏は以前からメディアへの出演には積極的で、「水曜日のダウンタウン」に関連してのインタビュー出演も少なくない。それほど出たがりなら、今回の件でも表に出て謝罪すべきではないだろうか。 https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-119183/ 2018年12月29日 17時59分 アサ芸プラス

10:2018/12/30(日) 09:18:39.14 ID:
>>1 反日マスカレード 在日アサ芸 チョンメディアのアクセス稼ぎスレしか立てない反日アフィカス 反日砂漠は日本から消えろ
11:2018/12/30(日) 09:19:26.67 ID:
>>1 アサ芸とか糞記事で稼いでんじゃねーよ
68:2018/12/30(日) 09:56:56.83 ID:
>>1 誰かに謝らせないと死ぬ病気か何かなの? いちいち謝罪とかもういいよ
続きを読む

1:2018/12/26(水) 23:08:33.66 ID:
ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が、政治的発言で物議をかもしているモデルのローラ(28)に対する美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)の発言を批判した。 ローラは米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事中止を求める署名を呼び掛けたことで賛否を呼んでいる。 多数のCMに出演中であるだけに、スポンサーの意向で降板させられるのではといった臆測も広がっているが、23日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」ではテリー伊藤が「この程度の発言でコマーシャル降ろすような会社って何なの?」とローラを擁護していた。 高須氏はテリーの発言を受け、25日にツイッターで「テリーさんのおっしゃる通りスポンサーの自由です。僕なら降ろします」と発言した。 村本は高須氏の発言について同日ツイッターで「興味ない女からわたしならあなたをふります、と言われてる感じ」とたとえ、「おれはそもそも高須さんのその考えは好きではないので高須クリニックがスポンサーの番組一生出なくていい。断る。仕事と思想を絡めるやつの怖さ」と批判。 「スポンサーの頭が高い。稼がせてやってんだから対等だろ」と私見を述べた。 一方の高須氏も、村本の発言を受け「スポンサーが選ぶ側です。逆はありません」と強調した。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00428793-nksports-ent 村本大輔 ★1=2018/12/26(水) 10:57:01.26 前スレ http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1545818831/
 


775:2018/12/27(木) 01:54:08.32 ID:
>>1 控えお~ろ~ 皆の者、ここにおわすお方をどなたと心得る? 恐れ多くもウーマンラッシュアワーの 村本大輔様にあらせられるぞ! 皆の者!村本大輔様の御前である! 頭が高い!控えおろ~う
2:2018/12/26(水) 23:09:52.06 ID:
ローラのことが好きなのかw
3:2018/12/26(水) 23:09:53.56 ID:
ちょっと何言ってるかわからない
続きを読む

1:2018/12/05(水) 18:15:35.02 ID:
お笑い芸人の今田耕司が5日、都内で行われた『Yahoo!検索大賞2018』発表会にMCとして出席。2日に放送された『M-1グランプリ2018』でも司会を務めているが、とろサーモンの久保田かずのぶ、スーパーマラドーナの武智による審査員・上沼恵美子への“暴言騒動”に言及し、事務所の先輩として上沼に謝罪した。 【写真】しんちゃんにインタビューする今田耕司 事の発端となったのは、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブでの動画。昨年のM-1王者の久保田が泥酔した状態で登場し、名指しはしないものの審査員の上沼に対して「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと厳しく批判。撮影していた武智も相槌を打っていた(動画はすでに削除済み)。 久保田はきのう4日にツイッターを更新し、「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」、武智も「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と深く謝罪した。また、上沼は3日放送のラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』で、審査員からの引退を宣言している。 この日のイベント後に取材に応じた今田は、騒動に「大変ですよ…」と話し始めるも関係者がストップ。それでも今田は「アカンのですか? 今から上沼さんの分も久保田の悪口を…」とボケると「ホントにあの男だけはね。あらためて、お酒は怖いな、と。お酒は気をつけなあきません。僕が怒っときますから」とマシンガントーク。 上沼に対して「引退せずに来年もやっていただきたい」と呼びかけたところで、関係者が再び静止すると「まだ、まだしゃべれるのに…」と悔しそうな表情に。最後は「代表いたしまして、上沼さん、申し訳ございませんでした。うちの後輩がすみません」と深々と頭を下げていた。 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15694366/ 1 Egg ★ 2018/12/05(水) 12:53:50.40 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543982030/

2:2018/12/05(水) 18:16:20.29 ID:
不味い酒呑んでる暇があったら芸を磨け
3:2018/12/05(水) 18:17:03.06 ID:
自分のレイプに片つけてから他人の事言った方がええよ
4:2018/12/05(水) 18:17:26.57 ID:
酒のせいにするのはズルい
続きを読む

1:2018/11/28(水) 21:57:10.71 ID:
2018年11月28日 16時0分 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15660564/ 9月10日、覚せい剤取締法違反で逮捕された女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(38)。高橋被告の初公判は11月29日(木)午前11時から、東京地裁・第429号法廷で開かれるが、実は、高橋被告は裁判が始まる前、国内のとある南の島の更生施設で過ごしていたことが「週刊文春デジタル」の取材により明らかとなった。 「薬物やアルコール、ギャンブルなどの依存症からの回復をサポートする施設で、寮で集団生活を送る。朝は8時15分に起床。自分たちでつくった朝食を食べ、午前中はミーティング。午後は食材の買い出しやスポーツやレクリエーション、バーベキューなどのプログラム。夕食も自炊。夜は自由時間です。医療施設と連携し、薬物やアルコールとは離れた生活環境となっています」(三田家関係者) 終始笑顔の高橋被告 ©文藝春秋 今回、「週刊文春デジタル」では現地での高橋被告を写した動画・写真を入手、公開した。その中では「5しか持っていないですけど」「はい、リスパダール(抗精神病薬)」など、薬物を冗談にするようなやり取りを、スタッフや入寮者らと笑いながら楽しむ様子が映し出されている。 「動画は皆でレクリエーションをしていた時の様子ですが、この日も祐也くんは、ふざけてクスリを出すマネをしたり、ケータイに保存している今の彼女の写真を見せたりして、とても反省しているようには見えませんでした。撮影されたのは11月上旬。裁判で実刑になった場合、『控訴する』とも話していた。罪の意識はないですね」(同前) 高橋被告については98年の最初の逮捕の時から、18歳の息子に月50万円の小遣いを渡していたと報じられるなど、母・三田佳子の過保護な子育てに批判が集中していた。だが、今回の逮捕を受けて、三田はこうコメントした。 「親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人ももう40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」 だが、そうした「責任と覚悟」の意識が果たして高橋被告にあるのか。「週刊文春デジタル」ではオリジナル記事と《完全版》動画も公開している。 (「週刊文春」編集部/週刊文春)

12:2018/11/28(水) 22:02:00.77 ID:
>>1 ちょっと好きになったw おもろいw
13:2018/11/28(水) 22:02:51.88 ID:
>>1 親の遺産待ちなんだろうな
23:2018/11/28(水) 22:24:18.20 ID:
>>1 大麻とかやってる人が着てそうな服
続きを読む

↑このページのトップヘ