おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

タグ:ガキ使

1:2018/12/31(月) 17:44:02.37 ID:
今や大みそか恒例番組となっている、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の年越しスペシャル、『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。 ダウンタウンら『ガキ使』メンバーが、仕掛けられたトラップで笑ってしまうと罰ゲームを受けるという企画で、毎年いろいろな趣向が凝らされていることが話題になる。 2018年末は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』と題し、新人トレジャーハンターにふんした『ガキ使』メンバー5人が、訓練や研修に挑む。 毎年この番組を楽しみにしている人たちも多いことだろう。 そこで今回は、10~50代の男女200人に、これまで放送された年末のシリーズの中で「一番面白かった『笑ってはいけない』」についてアンケート。 ここでは、みんなが選んだ上位5つをご紹介! まず、第4位(7.5%)は、『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』と『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』の2つが同率でランクイン。 2013年に放送された『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』は、地球防衛軍の新人隊員にふんしたメンバーたちが研修に参加。 スペシャルゲストとして、当時、プロ野球広島東洋カープの選手で、現在メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャーズで活躍中の前田健太が登場し、注目を集めた。 2009年に放送された『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』は、メンバーが新人ホテルマンとしてホテルに入社、数々のミッションに臨むという内容。 同作では、タレントのジミー大西がクレーム処理係のホテルウーマンにふんしたり、歌手の森昌子の登場が話題になった。 結婚披露宴のシーンで、ココリコの遠藤章造の、実弟が登場した。 第3位(12.3%)には、2017年放送の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』がランクイン。 メンバーは、新米アメリカンポリスにふんする。 同シリーズではメンバーのココリコ田中直樹が理不尽にタイキックを受けることがお約束となっているが、 今作ではタレントのベッキーが2016年に発覚した不倫騒動の“みそぎ”としてタイキックの餌食になり、そのインパクトの強さに視聴者は騒然となった。 第2位(14.9%)は、2007年に放送された『絶対に笑ってはいけない病院24時』。 病院を舞台に、ナースにふんしたメンバーたちが奮闘した。メンバーの月亭方正がプロレスラーの蝶野正洋から理不尽なビンタを浴びる“蝶野ビンタ”が初めて登場、その後シリーズの定番となっている。 そして第1位(34.7%)に選ばれたのは、2006年に放送された『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』。 大みそか特番となったシリーズ最初の回で、メンバーが新人警察官にふんし、研修に参加。 引き出しを開けるとネタが仕込まれている“机トラップシリーズ”は、ここからスタートした。 基本的に笑ってはいけないルールだが、「交通機動隊訓練」の場面では笑ってもOKで、悲鳴を上げたらアウトという特別ルールのもと、 過激なドライブ走行に悲鳴を上げたダウンタウン浜田雅功らが罰ゲームを受けていた。 毎回、思わぬ大物芸能人がゲスト出演することでも話題の『笑ってはいけない』シリーズ。 2017年『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』では、俳優の西郷輝彦や、山崎賢人、ムロツヨシなどの登場が話題になった。 2018年にはどんなゲストや仕掛けが飛び出すのか、今から楽しみだ。 http://dailynewsonline.jp/article/1631549/ 2018.12.30 08:30 日刊大衆 田中直樹 タイキック 前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546131935/

132:2018/12/31(月) 21:22:11.33 ID:
>>1 コロッケ取って~
2:2018/12/31(月) 17:44:28.44 ID:
湯河原一択
41:2018/12/31(月) 18:00:58.05 ID:
>>2 だよな
続きを読む

1:2018/01/06(土) 15:44:45.66 ID:
タレント・ベッキー(33)が先月31日放送の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」に出演した。番組でベッキーが尻を蹴られた件について批判の声が、5日までにSNSを中心に上がっている。 番組では「ベッキー 禊のタイキック」と題して、不倫騒動にケリをつけるとばかりにドッキリでお仕置きが開始。青ざめるベッキーは「えっ、ちょっと待って、待って、聞いてない」。女性キックボクサーが登場すると「やだ、やだ、やだ、やだ~。私はもうスッキリしているんです」と困惑し涙目になりながら逃げた。 しかし出演者の浜田雅功(54)らに「動いたら危ない」と抑えられ観念し「いやだあ」の悲鳴とともに、本気のキックをドンと尻に浴びせられた。「痛い! やばい、これ」と床に崩れ落ち悶絶。「痛い、重い」と、しばらく立ち上がれなかったが「これからも、よろしくお願いいたします…」と肩を落とし退場した。 これに一般のツイッターは「ベッキーのタイキックやら、浜ちゃんのブラックフェイスはよくない。さらに言えば痛いことして笑いをとるテレビバラエティ全体が何とも言えない気持ちになる」との声も。 番組では浜田が、映画「ビバリーヒルズ・コップ」主演のエディ・マーフィー(56)に扮し、顔を黒く塗って登場するシーンがあったが、これも内外で問題視されている。英BBC電子版や米ニューヨーク・タイムズ紙電子版も3日に大々的に報道した。 さらにベッキーについてツイッターでは「嫌がるベッキーを無理矢理晒して、タイキックの暴力。そしてそれを笑いながら見ているダウンタウン。最低です」 「ベッキーさんがタイキックされる動画を見て怒りで震える」「ガキ使もういいや。ベッキータイキックの流れで完全に萎えた」など批判するツイートが目立っている。 2018年01月05日 17時35分 https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/878458/ 2018/01/05(金) 19:42:06.17 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515195273/

2:2018/01/06(土) 15:45:24.79 ID:
こんな野蛮な国に住んでるのかと思うと、ゾッとする
4:2018/01/06(土) 15:46:36.34 ID:
笑いながら見てなかったら余計キツくね?
8:2018/01/06(土) 15:47:37.81 ID:
これでベッキーのギャラが何百万とか出たら今度はベッキーを批判する人たちです
続きを読む

↑このページのトップヘ