おる速

2ちゃんねるで盛り上がっているスレをオールジャンルでまとめてます

タグ:覚せい剤

1:2018/11/28(水) 21:57:10.71 ID:
2018年11月28日 16時0分 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15660564/ 9月10日、覚せい剤取締法違反で逮捕された女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(38)。高橋被告の初公判は11月29日(木)午前11時から、東京地裁・第429号法廷で開かれるが、実は、高橋被告は裁判が始まる前、国内のとある南の島の更生施設で過ごしていたことが「週刊文春デジタル」の取材により明らかとなった。 「薬物やアルコール、ギャンブルなどの依存症からの回復をサポートする施設で、寮で集団生活を送る。朝は8時15分に起床。自分たちでつくった朝食を食べ、午前中はミーティング。午後は食材の買い出しやスポーツやレクリエーション、バーベキューなどのプログラム。夕食も自炊。夜は自由時間です。医療施設と連携し、薬物やアルコールとは離れた生活環境となっています」(三田家関係者) 終始笑顔の高橋被告 ©文藝春秋 今回、「週刊文春デジタル」では現地での高橋被告を写した動画・写真を入手、公開した。その中では「5しか持っていないですけど」「はい、リスパダール(抗精神病薬)」など、薬物を冗談にするようなやり取りを、スタッフや入寮者らと笑いながら楽しむ様子が映し出されている。 「動画は皆でレクリエーションをしていた時の様子ですが、この日も祐也くんは、ふざけてクスリを出すマネをしたり、ケータイに保存している今の彼女の写真を見せたりして、とても反省しているようには見えませんでした。撮影されたのは11月上旬。裁判で実刑になった場合、『控訴する』とも話していた。罪の意識はないですね」(同前) 高橋被告については98年の最初の逮捕の時から、18歳の息子に月50万円の小遣いを渡していたと報じられるなど、母・三田佳子の過保護な子育てに批判が集中していた。だが、今回の逮捕を受けて、三田はこうコメントした。 「親としては、もう力及ばずの心境です。このうえは、本人ももう40手前ですし、自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」 だが、そうした「責任と覚悟」の意識が果たして高橋被告にあるのか。「週刊文春デジタル」ではオリジナル記事と《完全版》動画も公開している。 (「週刊文春」編集部/週刊文春)

12:2018/11/28(水) 22:02:00.77 ID:
>>1 ちょっと好きになったw おもろいw
13:2018/11/28(水) 22:02:51.88 ID:
>>1 親の遺産待ちなんだろうな
23:2018/11/28(水) 22:24:18.20 ID:
>>1 大麻とかやってる人が着てそうな服
続きを読む

1:2018/10/15(月) 00:02:03.45 ID:
2018年10月14日 17:59 https://www.asagei.com/114014 歌手のASKAが10月11日、「来年のニューアルバム、遅れるかもしれません」と題された自身のブログで“ハッキング被害”を受けたことを明らかにした。 ASKAは2017年5月から6月にかけて、盗聴犯からパソコンをハッキングされたとしきりにブログで告発。何でもパソコンに侵入され、貴重な新曲のデータを削除されたのだという。専門用語を使って詳しく説明したが、プログラマーやSEからは「理解できない説明」との声が上がり、ASKAの妄想ではないかとも言われた。これ以降、ハッキング被害を訴える発言は減っていたが、今回、久しぶりに被害を受けたようだ。 ASKAの話をまとめると、使用しているMacの所有者としての権利を乗っ取られてしまったため、何もできない状態になっているのだという。 「今回も専門用語を使って状況を説明しています。今回は以前の説明よりも理解しやすい。ツッコミどころはありますが、説明に一応筋は通っています。ただ1つだけ気になる点がありました」(システムエンジニア) それはMacの起動を制限する「ファームウェアパスワード」について述べている部分だという。ASKAはファームウェアパスワードを外から設定されたため、Macを乗っ取られたと明かしているが、このSEによるとネットワーク経由で外から設定するのは、ほぼ不可能だという。 「外から設定できたら、ハッカーが次々とマシンを乗っ取る事件が起きてしまいますよ。パスワードを忘れた場合、マシンをアップルに持ち込んで解除してもらわないといけないんです。これだけで外からの変更、設定が不可能であるとわかるかと思います。そうするとASKAさんのMacは外から乗っ取られたのではなく、ASKAさんに近い人がやったということになります。その可能性が一番高い」(前出・システムエンジニア) 内部の犯行であれば、ASKAのハッキング被害の多くは合点がいくことになる。彼は「ボクのようにターゲットにされると、パソコンの電源を落としていようが、Wi-Fi接続を切っていようが、100%侵入されるのです」と書いているが、Wi-Fi接続を切ったパソコンを外部から乗っ取るのは極めて困難だ。だが、内部の人間なら直接操作すればいいわけで、ネットワークに接続する必要はない。 非現実的であり、妄想ではないかと言われてきたASKAのハッキング被害。だが、「内部の犯行」なら説明がつく。ASKAは攻撃を仕掛けている相手が誰か特定できているというが、実行犯が身内にいるとは思ってもいないのかもしれない。

2:2018/10/15(月) 00:02:33.94 ID:
2ならぎふはふ
3:2018/10/15(月) 00:02:44.55 ID:
またGitHubか
4:2018/10/15(月) 00:02:52.14 ID:
完全に糖質の典型
続きを読む

1:2018/09/19(水) 18:23:41.41 ID:
9月11日、覚せい剤取締法違反で渋谷署に逮捕された女優・三田佳子(76)の次男・高橋祐也容疑者(38)。 1998年、2000年、2007年に続く4度目の薬物逮捕となったが、きっかけは焼肉店で一緒に会食をしていた元乃木坂46のメンバー(23)との口論の末の110番通報だったことがわかった。 9月10日、高橋はこの女性と渋谷区内の焼肉店で食事の途中、口論に発展。 激昂した高橋は女性のスマホを破壊した。 110番通報によって警察官が駆け付け、挙動不審な高橋に渋谷区内の病院で尿検査を受けさせたところ、覚せい剤の陽性反応が出たことから、翌日早朝に逮捕となった。 じつは高橋とこの元乃木坂46メンバーは長らく愛人関係にあるという。 「愛人関係は2年ほど続いています。祐也くんは少なくとも1000万円以上を貢いでいた。祐也くんは彼女を母親(三田佳子)にも紹介したそうです」(元乃木坂46メンバーの友人) 高橋は2010年に一般女性と結婚。孫を授かった三田は2012年、「週刊文春」のインタビューで過去の息子の逮捕を振り返り、「ああいう経験があるから今がある」と前向きなコメントを残していた(2012年5月3日・10日 ゴールデンウィーク特大号)。 現在、高橋はこの妻と息子と別居中だという。 高橋の逮捕3日後、この元乃木坂46メンバーを直撃取材したが、終始無言。 9月20日(木)発売の「週刊文春」では、この元乃木坂46メンバーの実名や、2人が出会ったいわゆる“ギャラ飲み”の実態、昨年9月に高橋が起こした元乃木坂46メンバーへのDV事件の顛末、小誌が入手した125万円支払いの「示談書」、昨今の高橋のカネに群がった女性たちの証言などを交えて詳報している。 「 週刊文春デジタル 」では元乃木坂46メンバーを直撃取材した様子を収めた関連動画を同日朝5時に公開する。 「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月27日号 http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00009044-bunshun-ent 《予告編》高橋祐也シャブ通報現場に同席していた愛人は「元乃木坂46メンバー」 ★1=2018/09/19(水) 16:16:44.35 前スレ http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537341404/

2:2018/09/19(水) 18:24:47.25 ID:
ほうらね
3:2018/09/19(水) 18:25:41.75 ID:
ほくそ笑む現乃木坂46メンバーたち
7:2018/09/19(水) 18:27:02.82 ID:
>>3 まとめて消えろよ きめえよ
続きを読む

1:2018/09/11(火) 18:09:58.76 ID:
女優の三田佳子の次男・高橋祐也容疑者(38)が9月10日、東京渋谷区内にて法律違反の薬物を使用した疑いで逮捕された。 祐也容疑者の違法薬物による逮捕は、1998年の初犯から4度目となる。 1度目の逮捕時、祐也容疑者は未成年だったことから、会見を開いた三田は「母が女優ということで未成年である息子の事件が報道されてかわいそう」と、同情を誘おうとしたが 「毎月50万円の小遣いを渡していた」とも明かし、厳しい意見にさらされた。7社あったCMをすべて降板し、女優活動も10カ月間自粛した。 2000年に2度目の逮捕が明るみになると、世論の猛烈な批判を浴び、今度は1年間の活動自粛に追い込まれた。 それでも徐々に仕事が増えてきた07年、祐也容疑者が現行犯で3度目の逮捕。「すべては私たち夫婦の教育の失敗」「引退も考えた」と翌日の会見で謝罪したが、仕事を自粛することはなかった。 「3度目の逮捕は、祐也容疑者が27歳の時でした。それでも当時、『月に70万円の小遣いを渡している』と会見で話し、ヒンシュクを買いました。 そして今回の逮捕。結局彼は、違法薬物を断ち切ることはできませんでした。 祐也容疑者の初犯当時から育児はお手伝いさんに任せっきり。息子は学生時代から、潤沢な小遣いで同級生をアゴで使っていた裸の王様。 それを諫めることもせず、結婚して子供もいる息子の無職をとがめることもなく、金だけ渡してほったらかしだったということです」(芸能ジャーナリスト) 9月19日には三田が出演していたドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)のSP版が放送予定だ。 今回のことでドラマが“お蔵入り”とはならないだろうが、過保護に育てた息子の末路を母は今、どう悔やんでいるのだろうか。 http://news.livedoor.com/article/detail/15289608/ 2018年9月11日 15時30分 アサ芸プラス
三田佳子さん
高橋祐也容疑者
199:2018/09/11(火) 20:39:24.19 ID:
>>1 そこは「11年ぶり4度目」と甲子園ふうに書くのが5chのルールだろ
2:2018/09/11(火) 18:10:55.39 ID:
更生は無理死ね
3:2018/09/11(火) 18:11:09.63 ID:
格子園の名門三田学園第二
続きを読む

1:2018/07/21(土) 06:42:52.14 ID:
歌手のASKAさん(60)が11月にライブ活動を再開する。覚醒剤や合成麻薬を使った罪などに問われ、有罪判決を受けて4年。「歌うことに喜びを感じている。いろいろあったが、いまは最高のステージを見せるだけです」と決意を新たにしている。 「CHAGE and ASKA」で1979年にデビューした。オリジナル楽曲の高い音楽性と伸びやかな歌声で人気を集め、ヒット曲を連発してきた。 だが2014年、覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で懲役3年執行猶予4年の有罪判決が確定した。CDやDVDは出荷停止され、店頭から消えた。多くのスタジオも使えなくなった。「八方ふさがりで、もう立ち上がれないと思った。ただ、また歌うんだとの思いは強く持っていた」 昨秋、音楽配信サイト「Weare」を立ち上げた。楽曲を高音質なハイレゾ音源で安く提供する一方で、音楽家へ高い配当金を還元することを理念に掲げた。いまは新しいシングル「イイ天気」「修羅を行く」などを配信している。 アルバムも2枚出し、3月から…残り:617文字/全文:1046文字 2018年7月21日01時00分 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL7M3RH5L7MTIPE00R.html?iref=comtop_8_03

84:2018/07/21(土) 13:57:04.79 ID:
>>1 617文字もあるなら、何か怖い話とか未解決事件の話とかしてほしい
2:2018/07/21(土) 06:44:25.14 ID:
シャブ脳は回復することはないだろ?
3:2018/07/21(土) 06:44:50.06 ID:
まだギフハブに監視されているのか
続きを読む

↑このページのトップヘ